カートゥーンに関する「のうはう!」

ここは「カートゥーン」に関する記事を集めたカテゴリーです。

カートゥーンとは?

カートゥーン(cartoon)は複数の芸術形式についての呼称であり、一つの語源から発展した複数の意味を持っている。現代における狭義の用語カートゥーンは、アメリカやヨーロッパの一コマ漫画か、ユーモラスな傾向を備えた子供向けのアニメーション作品を指し示す言葉である。

コマ漫画と初期のアニメーション映画の表現手法上の類似性のために、「カートゥーン」という用語はアニメーションをも指すようになり、今日ではこの意味が用語カートゥーンの最も基本的な用法となっている。アニメーションにおけるカートゥーンは、通常はテレビや映画で上映され、動画として表示するため高速で連続表示される画像イメージとして制作される。この用法においては、単語カートゥーンは時にはトゥーン(Toon)と短縮される(この用語はアニメ『ルーニー・テューンズ』の転訛かもしれない。また、この用語は映画『ロジャー・ラビット』により広まった。有名なのが、アニメが登場人物を殺した時の新聞の見出し「TOON KILLS MAN」の文字であろう)。この用語はあらゆるアニメーション作品に適用可能であるが、多くの場合は子供向けの、擬人化された動物やスーパーヒーローが活躍したり、子供の主人公による冒険を特徴としたりするジャンルや、その他の類似するジャンルに対して最も頻繁に使用される。日本のアニメのように、西洋の伝統的なアニメーションの慣例に適合しないアニメーション作品は、概ね「カートゥーン」とは呼ばれないが、この状況は変化しつつある。同様に、子供に不適切な作品であることを明確にするために、多くの場合ポルノや18禁アニメのような成人向け作品に対してこの用語は用いられない。

アメリカ合衆国のアニメーション番組専門チャンネルカートゥーンネットワークは1997年に日本へ進出し放送を開始した。開局当初のカートゥーンネットワークジャパンでは自局で放送される番組の登場キャラクターすべてを「トゥーン」と呼んでいたが、このトゥーンには『ルーニー・テューンズ』や『トムとジェリー』、『ポパイ』といった典型的なカートゥーンキャラクターだけでなく、当時この局で放送された『平成天才バカボン』、『魔法のプリンセスミンキーモモ』、『らんま1/2』など日本のアニメキャラクターも含まれている。日本において馴染みの薄かったカートゥーンやトゥーンの呼称はカートゥーンネットワークジャパンの開局によりある程度定着し、特に海外アニメファンは日本のアニメとの区別を図るため、これらの呼称を好んで利用するようになった。

出展:wikipediaより

カートゥーンに関する「のうはう!」記事(新着順)

【アニメ】フライシャー兄弟の作品「バッタくん町に行く」は見ておくようにと言われました。

投稿日:2011年12月24日|投稿者:uddhi-beruさん|コメント数(2)

35年前、上京して漫画家のアシスタントをしていた時、フライシャー兄弟のアニメはぜひ見ておきなさいよ、と先生に言われました。で、その時にチケットをもらって見に行ったのが「バッタ君町に行く」という作品でした。 東京で初めて観… »続きを読む

Japanese Anime Trend 2011

投稿日:2011年12月21日|投稿者:waterstoneさん|コメント数(2)

I would like to talk about Japanese Anime Trend of 2011. If you have interests in Japanese Anime, you must che… »続きを読む

[Anime] Fleischer brothers discography “Grasshopper-Kun goes to town” is said to look at and.

投稿日:2011年08月11日|投稿者:axelworksさん|コメント数(1)

When that Tokyo had a cartoonist’s Assistant, said and look the Fleischer brothers animated today, teach… »続きを読む

カートゥーンに関連するニュース

カートゥーンに関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

カートゥーンに関連する動画

  • 該当する動画はございません