インディカー・シリーズに関する「のうはう!」

ここは「インディカー・シリーズ」に関する記事を集めたカテゴリーです。

インディカー・シリーズとは?

インディカー・シリーズ (IndyCar Series) はインディ・レーシング・リーグ (Indy Racing League, IRL) の主催するモータースポーツの1カテゴリー。フォーミュラカー(オープンホイール)を使用した四輪レースであり、その意味ではF1に似たカテゴリーである。アメリカ合衆国を中心に転戦し2003年より日本でも開催されている。

1994年にインディ500を開催するインディアナポリス・モーター・スピードウェイ (IMS) の社長であったトニー・ジョージがインディ500だけでなく自らが主催するシリーズを立ち上げたいために1996年よりインディ・レーシング・リーグ (IRL)を発足させることを表明し、その通り1996年にCARTから分離独立する形で発足したシリーズでF1と同様にオープンホイールマシンによりチャンピオンシップを争うレースである。

インディ500を頂点に据え、オーバルを中心にロード/ストリートコースを組み合わせたスケジュールとなっている(2004年まではオーバルコースレースのみ)。発足初年はCARTのマシンを使用していたが、1997年以降は独自のレギュレーションにより運営。当初はCARTに比べマイナーなカテゴリーであったが、2003年よりホンダ、トヨタが揃ってCARTよりIRLへ移籍表明を行ってからはそれまでの有力CART参戦ドライバー、チームも挙って移籍に追随し、一気に北米フォーミュラーレースのメジャーへと取って変わった。これも伝統のインディ500を持つ強みからである。ちなみに日本でもそれまで1998年より毎年栃木県茂木町のツインリンクもてぎで開催されてきたCARTのレースを2003年よりIRLに変更し、インディジャパン300として開催。これによりIRLの初のアメリカ以外での開催進出となった。

現在、IRLとはFIAと同様に運営団体としての名称となっており、現在行われているトップカテゴリーは2002年よりインディカー・シリーズという名称となっている。

またインディカー・シリーズの下にはインディ・ライツ(2002~2005年まではインフィニティ・プロシリーズ、2005年以降はインディ・プロシリーズ)というカテゴリーが形成され、インディカーへのステップアップカテゴリーとしてIRLの下に運営されている。

2008年シーズンからチャンプカー・ワールド・シリーズとシリーズを統合した。実際には旧チャンプカーのチームに無償でエンジン・シャシー等を供給する形となったため、事実上IRL側がチャンプカー側を吸収する形となった。

2010年からはアパレル・ブランドのIZODがシリーズ冠スポンサーになり、これにより名称が「IZODインディカー・シリーズ」となった。

出展:wikipediaより

インディカー・シリーズに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「インディカー・シリーズ」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「インディカー・シリーズ」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?