世界ツーリングカー選手権に関する「のうはう!」

ここは「世界ツーリングカー選手権」に関する記事を集めたカテゴリーです。

世界ツーリングカー選手権とは?

世界ツーリングカー選手権(せかいツーリングカーせんしゅけん、World Touring Car Championship、WTCC)は、国際自動車連盟 (FIA) が管轄する、ツーリングカーによるレースの名称。

初めてツーリングカー(市販車改造車)による世界選手権(WTC)が開催されたのは1987年、グループA規定によるセミ耐久レース(500km、スパ・フランコルシャンのみ24時間レース)としてであった。しかし運営面、規則面でトラブルが多発しわずか1年で崩壊した。 その後2001年から2004年までヨーロッパツーリングカー選手権(ETCC)の名称で開催されていたスプリントレースが、2005年からFIAにより再び世界選手権のタイトルが懸けられた。マカオグランプリの併催レースである「ギア・レース」も選手権の一戦として組み込まれている。

スーパー2000と呼ばれる規定により、改造を厳しく制限された市販車によって行われる。2008年は、BMW、ホンダ、シボレー、セアト、ラーダの5メーカーが参戦していたが、シーズン終了後、ホンダ・アコードで参戦していたN.テクノロジーが解散。2009年は、BMW、シボレー、セアト、ラーダの4メーカーがワークスもしくはそれに近い形で参戦し、重量ハンデ制によって毎戦激しいバトルが繰り広げられている。タイヤは当初1年ごとにタイヤメーカーの入札を行いワンメイクのメーカーを選ぶ仕組みとなっていて、2005年はミシュラン、2006年は横浜ゴムが選ばれた。その後FIAのタイヤメーカー選定方針に変化が生じ、少なくとも2012年末までは横浜ゴムのワンメイクとなることが内定している。

レースは各イベント毎に2レースが行われる。第2レースのスタート順にはリバースグリッドを採用しており、第1レースの優勝者から8位までのドライバーが、第2レースでは逆順に並んでスタートする(つまり第1レースで8位のドライバーが、第2レースではポールポジションからスタートすることになる)。

2007年シーズンより第1レースのスタートに際してローリングスタートが採用されている。通常のスタンディングスタートが採用されていた前年までの開催において、FF(前輪駆動)車両のスタート加速がFR(後輪駆動)車両に対して明らかに不利となるケースが目立ったための救済措置ではあるものの、リバースグリッドの第2レーススタートに際してはスタンディングスタートが継続採用されている。

興行面ではサーキットへの観客動員よりもテレビ中継を重視していて、基本的に欧州でのテレビ放映権を持つユーロスポーツによる放送に合わせてタイムスケジュール等がパッケージ化されているのが特徴。そのため観客動員が少なくても興行としての採算が取りやすい構造になっている。

出展:wikipediaより

世界ツーリングカー選手権に関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「世界ツーリングカー選手権」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「世界ツーリングカー選手権」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?