ダイエットに関する「のうはう!」

ここは「ダイエット」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ダイエットとは?

ダイエット(Dieting)とは、肥満の防止・解消のために取り組む食事制限を言う。

「ダイエット」は、英語の diet の音訳。英語では「(日常的に口にする)飲食物」や「減量を目的とする食生活・食餌療法」を意味する。古代ギリシア語の δίαιτα (diaita、「生活様式」「生き方」)が、ラテン語(diaeta)と古フランス語を経て、英語に入った。

英語の diet には、同綴異義語があり、「(現代ではデンマーク・スウェーデン・日本などの)国会」(通例 the Diet と綴る)等の意味もある。これは、「日程」「日々の勤め」等を意味するラテン語 dieta に由来する。dieta は、ラテン語 dies(「日」の意)の派生語として扱われていたが、実際には、前掲のギリシア語に由来する diaeta のヴァリアントであって、従って、英語の二つの diet は同根の語源を持つという。

■ダイエットの一例

◯総摂取カロリーをコントロールする

摂取カロリーを減少させる
  生活習慣病の予防、特定の治療効率の増大、痩身、またそれに伴う関節などへの
  負担を減少させ関節症などの症状を和らげることなどを目的として、食事の
  総カロリー量に一定の上限を設定する。「摂取カロリー<消費カロリー」の状態を
  保つことにより、体重が減少することを目的として行う。

摂取カロリーを増加させる
  相撲などのスポーツ選手や、虚弱体質の改善など、体重を増加させることを
  目的として、食事の総カロリー量に一定の下限を設定する。
  「摂取カロリー>消費カロリー」の状態を保つことにより、体重の増加すること
  期待して行う。

◯摂取成分をコントロールする

(相対的に)過大な要素を減らす
  高血圧における塩分制限、糖尿病における砂糖の制限(代替の人工甘味料を用いる
  場合がある)、高脂血症における油分の制限などで、該当疾病の病状増悪防止や
  予防、治療効率の向上を目的として行う。なお、糖尿病の場合は、
  前述「総カロリーの制限」も併用する。また、腎臓病の場合は、塩分やタンパク質
  の制限を行うことがある。

(相対的に)過小な要素を増やす
  低血糖症における糖分摂取、持久走など運動の前に行う炭水化物を主体とした
  食物の摂取(カーボパーティ)、鉄欠乏性貧血の場合に鉄分を多く含む食物の
  摂取、便秘症の場合の食物線維豊富な食事の推奨、美容のために各種ビタミン類を
  多く含む食物の摂取など。場合によっては保健機能食品によって不足分を補うこと
  もある。手軽なため流行しているが、本来は日常の食事で補うべきものである。

薬剤の禁忌によるもの
  疾病治療時の薬剤によっては、特定の食物を制限することがある
  (例:ワーファリン服用時の納豆摂取の禁止)。

同種の栄養素の異なる形態のものを使う
  ジュース類など、砂糖が多く含まれる飲料を摂取すると、急激に血糖値が上昇し、
  身体はそれに対処するため、膵臓より大量のインスリンが分泌されて血糖を
  下降させ、血糖値の急激な変動がおこる。この極端な変動は、肥満に結びつき
  やすいという指摘があり、また心理面に影響し、いわゆる「キレやすい」状態を
  ひきおこすという説を唱える者もいる。米などの炭水化物で糖質を摂取した
  ほうが、血糖値の上昇はゆるやかであり、比較的安定に推移する。

炭水化物の摂取を制限する
  時間的な制限を行う(例、夕方以降は摂取しない)
  現在の食事習慣では、身体的に朝、昼に摂った炭水化物で十分であることが多く、
  運動量が収束に向かう夕方以降の炭水化物摂取は消費されにくいため、糖尿病や
  肥満の防止につながるという考えに基づく。
  高タンパク質の食事を摂取すると、飢餓抑制ホルモンであるペプチドYY(PYY)の
  レベルが増大し、高脂肪、高炭水化物の食事と比較して、
  空腹感も大幅に抑えられるとした。

◯摂取頻度をコントロールする

一回の摂取量を増加させる
  相撲の力士は、一回あたりの食事量を増やす代わりに、一日の食事回数を減らす
  といわれている。食事間隔を大きく開けることによりその中間が一時的な飢餓状態
  になり、次回の食事時に栄養吸収率が上がるため、一日の総摂取カロリー数が
  同じであれば体重増に繋がりやすいと考えられている。

一回の摂取量を減少させる
  消化管の手術の後など、一度に処理できる食物の量が限定される場合、
  一回の食事の総量は減少してしまうが、一日の必要カロリー量を維持するために、
  食事の回数を増加させなければならない。また前述「一回の摂取量を増やす」
  の逆で、太りにくい体質を目的として取り入れるケースもある。

出展:wikipediaより

ダイエットに関する「のうはう!」記事(新着順)

【痩せるホルモンを促進させる料理】さば(鯖)缶スープ☆

投稿日:2013年11月25日|投稿者:furubullさん|コメントはまだありません

鯖(サバ)にはEPAが含まれており、 やせるホルモンのGLP-1を促進させる効果があると言われています。 鯖缶(サバ缶)にもEPAが含まれていて ダイエット効果に適していることで話題になっています。 今回は簡単に作れる料… »続きを読む

シークヮーサーでダイエットしました!

投稿日:2012年03月08日|投稿者:pixyさん|コメント数(1)

ここ1週間何故か普通にご飯を食べているのに体重が3キロも減り なぜだろうと思っていた原因がわかりました。 それは、1週間シークヮーサーを摂取していたのです。 シークヮーサーをどのように摂取していたのか? お恥ずかしい話な… »続きを読む

【美容】お金を使わずに二の腕を細くするダイエット法

投稿日:2012年03月07日|投稿者:samejimaさん|コメント数(1)

冬は長袖を着ているので気になりにくいですが、これから露出が上がる二の腕。 特に女性は自分の太さが気になりますよね・・・・。 有名インストラクターが紹介していた、お金がかからない引き締めダイエット法を、同じ悩みの方に教えま… »続きを読む

美容のための身心健康法

投稿日:2012年02月02日|投稿者:tomatoさん|コメント数(1)

美容に大敵なのがストレス。ここでは、ストレスの改善法として自律訓練法をご紹介します。 手順 静かな部屋に入り、ベッドに仰向けに寝ます。または、椅子にゆったりと座ります。 軽く目を閉じ、体の力を抜きましょう。 心の中で言葉… »続きを読む

美人の条件

投稿日:2012年01月17日|投稿者:tomatoさん|コメント数(2)

美人の条件についてご紹介します。 手順 大勢の女性の顔を集めた中の、もっとも平均的な顔を「美人」というと言います。 また、顔立ちが整っているか、スタイルが良いか、なども美人の条件になります。 そして、世界的に、あごの小さ… »続きを読む

ダイエット時に気を付けたいこと

投稿日:2012年01月16日|投稿者:tomatoさん|コメント数(2)

ダイエット時に気を付けたい事についてご紹介します。 手順 「痩せる=体重を減らす」という考えから、たいていの人は食事量を減らせばいいと思いがちだが、美容と健康を考える上では好ましくない。 人の身体は、最低限のエネルギー量… »続きを読む

マラソンで、効率的に痩せる方法

投稿日:2012年01月03日|投稿者:mitudomoe999さん|コメント数(2)

マラソンで、効率的に痩せられる方法を紹介します。 手順 とにかく、マラソンは長く走り続けることが大切です。 ずっと、同じペースでより長く走り続けましょう。 また、マラソンでのダイエットを決意したら、続けましょう。 3日坊… »続きを読む

【ウォーキング】効果があるのは最低20分から

投稿日:2011年12月28日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

ウォーキングを健康のために行うのなら、最低でも20分以上行う必要があります。 健康のためのウォーキング。でも、効果があるのは最低でも20分以上、続ける必要があります。 これは徒歩よりも少し早い速度で歩き続けて、20分経っ… »続きを読む

美容に良い野菜

投稿日:2011年12月25日|投稿者:tomatoさん|コメント数(1)

美容に良い野菜は、その肌の状態によって違うものです。肌別に紹介します。 手順 ニキビや口内炎の時 体が温まるものを食べ過ぎるとなります。ですから、体を冷やすものを食べましょう。大根やレンコンなどが良いです。 便秘の時 便… »続きを読む

ダイエット中のおすすめのデザート

投稿日:2011年12月04日|投稿者:kumigeさん|コメント数(2)

低カロリーや、カロリーゼロのデザートを選びましょう。 手順 ダイエット中であって、毎回のお食事の間にどうしてもお腹がすいてしまうことがあります。 この空腹は、我慢していますと、逆にストレスになってしまい、 体には、あまり… »続きを読む