ビーチクルーザーに関する「のうはう!」

ここは「ビーチクルーザー」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ビーチクルーザーとは?

ビーチクルーザー(Beach Cruiser)とは、アメリカの伝統的な自転車である「クルーザーバイシクル」(Cruiser Bicycle)を元に、アメリカ西海岸のサーフィン愛好家(サーファー)たちによって製作、使用された改造車、ならびにその様式を模して新たに製造された自転車である。

日本国内においては、原型である「クルーザーバイシクル」も「ビーチクルーザー」と呼ぶ場合が多い。

なお、クルーザーバイシクルは略して「クルーザーバイク」(Cruiser bike)と呼ばれることも多い。

歴史

広大なアメリカでは、ヨーロッパのような都市間移動手段としての実用的な自転車文化が根付きにくかった。ペニー・ファージングが廃れた後にイギリスからロードスターを輸入し、19世紀末にはSchwinnやColumbia、Hawthorneなど数社が国産化したものの、その後も自転車を取り巻く環境は同様であり、二輪車もオートバイの開発に重点が置かれた。 (20世紀初頭の段階ではオートバイと自転車のフレーム構造は非常に共通点が多く、自転車に原動機を取り付けたものが、すなわちモーターサイクルと言う状態であった。) 1920年代以降、フォード社などによる自動車の大量生産によるモータリゼーションの時代へと移行することによって、アメリカの国内一般向けの自転車は、主に近距離専用の移動手段として、自動車が使用できない、あるいは使用する必要の無い状況(大規模な倉庫・工場内での移動や、ごく近距離の通勤・通学・運搬など)および、自動車免許取得年齢に達しない青少年向けに特化されていくことになる。

日本のビーチクルーザーの原型である、アメリカのクルーザーバイシクルの歴史は古い。航空機は、1930年代に入ると高速交通機関としての発達が著しく、その影響で鉄道車両や自動車なども、航空機に着想を得た流線型デザイン (aerodynamics designe) が流行した。オートバイも流線型を取り入れたものが数多く発表されるなか、1934年にSchwinn社が「Aerocycle」の名でオートバイや航空機をモチーフにしたストリームラインデザイン(streamline designe)の堅牢な自転車を発売し、青少年に支持されて爆発的な人気を得た。追随して他の自転車メーカーもこれを模倣した自転車を次々に製造、1940年代には多くの派生形を生み出し、アメリカ国内で生産される自転車デザインの主流となった。アメリカの自転車産業が台湾・中国に生産拠点を移した現代においても、アメリカンタイプのスタンダードデザインの一つとなっている。

1945年の第二次大戦終戦後、日本の工業生産力が低下して物資が極端に不足していた時期には進駐軍が配給物資としてクルーザーバイシクルを持ち込み、日本各地で実用車の代用とされて運搬やリヤカーの牽引などに使用された。

1950年代はクルーザーバイシクルにとって隆盛の時代となった。第二次大戦後のベビーブームに生まれたベビーブーマー達の共として、膨大な需要が生まれたためである。

1963年、Schwinn社が発表した、ストリームラインの子供用小型クルーザーバイシクルから発展させた特異なデザインの自転車「Sting-ray」が多くの少年たちに支持され、その追随車たちと共にハイライザーと呼ばれるジャンルを形成した。これらは後のBMXや、ローライダー・バイシクルの原型である[2]。

1970年代初頭には自然回帰志向や環境保護意識の高揚により、アメリカ国内においてバイコロジー(bikecology)と呼ばれた自転車ブームが起きた。しかしその需要の中心は、「10スピード」(ten speed)と呼ばれたヨーロッパ風のスポーツ車であり、伝統的なクルーザーバイシクルの勢力は衰えを見せていた。

一方、1950年代から60年代にかけて広く普及し、70年代にはガレージや庭先で眠っていたクルーザーバイシクルに、カリフォルニア州などの海岸地帯のサーファーたちが目をつけ、ビーチまでの気軽な移動手段として愛用するようになる。サーファーたちは、錆び付き、凹み、ゆがんだ泥よけやアクセサリー類を撤去し、色褪せたフレームにペイントをほどこすという簡単な改造を施したが、それがクルーザーバイシクルが元々持っていた、凝った曲線の造形を持つフレームなどの美しさを引き立たせるという思いがけない効果を生み、時代遅れになろうとしていたクルーザーバイシクルに新たな息吹を吹き込んだ。これを見た自転車メーカーでは、初めから泥よけなどを持たないシンプルな製品を供給するようになり、これらを指して海岸を走るクルーザー=ビーチクルーザーという名称が一般的に使用されるようになった。

また1970年代には、新たな自転車の誕生を促した。バイコロジー・ブームでロードバイクが流行する中、アメリカ、カリフォルニア州の若者たちはこの忘れ去られつつあった自転車を山で遊ぶ装具として再発見する。すなわちマウンテンバイクの誕生である。頑丈であるという理由から第二次世界大戦前に作られたシュウィン社の「エクセルシオール」が使われ、このフレーム設計が初期のマウンテンバイクのフレームに採用されている。

1995年にSchwinn社は創業100周年を記念して、同社が1949年に発売しヒット作となった「Black Phantom」の復刻版を発売。これが刺激となってノスタルジックなクルーザーバイシクルの市場が復興し、一部は日本にも輸入されている。

2004年にSchwinn社は「Sting-ray」の名を継ぎつつ、全く新しいスタイルを持つ新製品「Sting-ray 20″」を発売する。 これは、映画イージー・ライダーなどで知られる「チョッパーバイク」を模した、低く長いフォルムを特徴とし、またもや多くの追随者、模倣者を生むヒット作となり、Schwinn社自身もいくつものバリエーションを追加するに至った。これらは「チョッパー・バイシクル」(Chopper Bicycle)または「オーバーサイズ」とも呼ばれる。

出展:wikipediaより

ビーチクルーザーに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「ビーチクルーザー」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「ビーチクルーザー」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?