マウンテンバイクに関する「のうはう!」

ここは「マウンテンバイク」に関する記事を集めたカテゴリーです。

マウンテンバイクとは?

マウンテンバイク(mountain bike、MTB)とは、荒野、山岳地帯等での高速走行、急坂登降、段差越えなどを含む広範囲の乗用に対応して、軽量化並びに耐衝撃性、走行性能および乗車姿勢の自由度等の向上を図った構造の自転車[1]のこと。舗装路でも広く利用されており、用途によって様々な形態が存在する。

歴史

1970年代後半にアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ郊外のマリン郡で、ヒッピー達が急勾配の山をビーチクルーザーや実用車など、太いタイヤの履ける自転車で下ってタイムを競った遊びが始まりといわれている。同時期に北カリフォルニアでも同じ遊びが発生していたが、一般的にマリン郡がマウンテンバイク発祥の地と認識されるのは、同郡マウント・タム(タマルパイアス山)で行われていた当時最大のレースによるところが大きい。

初期の改造ビーチクルーザーは必ずしも完成度は高くなく、あまりの重さのために山に登る時は押して歩き、下り坂で乗って遊んだが、それでも車輪がゆがんだり外れたりするものであった。新しい乗り物の呼び名も「クランカー(clunker -「ガラクタ」の意)」「バルーナー(balooner)」「ボマー(bomber)」と様々に呼んでいたらしい。そうして遊んでいるうちに如何に早く未舗装の山道を下るかという競技らしきものになった。車体の強度が低く山を下るたびにヘッド部やハブのグリースが焼けて燃え、その都度詰め替え(リパック)なくてはならなかったため、この競技(というより「遊び」)は当初「リパック (Repack) 」とも呼ばれていたらしい。地域の自転車好きには新しい遊びとして浸透していったが、使用する車体の強度が低いため、いろいろと不都合が生じたらしい。激しい使用に耐える物を求めてジャンク屋などから頑丈なフレーム、[2]、を探し出し、急降下でも確実に動作するようよう制動力の強いオートバイ用のドラムブレーキハブなどを用い、また山を登るためにツーリング用自転車であるランドナーのトリプルクランクや変速機を装備していた。

このような遊びはやがて本格的なロードレース選手も魅了し、その中に後のマウンテンバイク創始者の一人であるゲイリー・フィッシャー、トム・リッチー、ジョー・ブリーズなどがいた。彼らがクランカーを知った経緯として、ラークスパー・キャニオン・ギャング(Larkspur Canyon Gang)と呼ばれるヒッピー集団の存在が挙げられる。ヒッピーたちは単なる楽しみとしてギアを受けたクルーザーに乗っていたが、フィッシャーらはこの集団に少なからず影響を受けたらしい。またモロー・ダート・クラブ(Morrow Dirt Club)と呼ばれるヒッピー集団が地元のシクロクロス競技にギアつき改造クルーザーで参戦した際にも触発を受けたらしい。

やがて既存の自転車パーツの借用に限界を感じていた彼らは、この自転車を自作し始めた。1977年にジョー・ブリーズが量産の専用フレームを設計、自然と仲間たちから「BREEZER」と命名される。1978年にはゲイリー・フィッシャーがロードレース仲間で同時に優れたフレームビルダーでもあったトム・リッチーにこの新しい自転車の製作を依頼、「フィッシャーマウンテンバイク」としてマウンテンバイクを製作、販売、山や丘陵の荒れ野で遊ぶ自転車として定着させた。後にこの三人は「ブリーザー(Breezer)」、「ゲイリー・フィッシャー(Gary Fisher)」、「リッチー(Ritchey)」として独自ブランドを築き上げる。マウンテンバイクが全世界に定着する上では1981年にスペシャライズド社が発売した「スタンプジャンパー」の果たした役目が大きい。初めて量産体制で製造されたマウンテンバイクは新たなジャンルの自転車として全米に、そして世界に広まった。

発展途上国ではそれまでのロードスター型自転車のタイヤ規格(26インチWO)に代わってマウンテンバイクの規格(26インチHE)が普及しつつあり、マウンテンバイクの車体自体も浸透しつつある。また先進国では、かつてロードスター型自転車に求められた用途にマウンテンバイクが用いられている。このほか技術的にもマウンテンバイク競技で培われた技術がロードバイクに転用され、自転車競技に新たな刺激を与えたものは多い。

出展:wikipediaより

マウンテンバイクに関する「のうはう!」記事(新着順)

【自転車】サイクリングの楽しみ

投稿日:2011年12月06日|投稿者:rocketさん|コメント数(1)

最近はよくクロスバイクや競技用のロードバイクをよくみますが、もっとみじかに自転車を楽しみたいとおもいます 最近は、お揃いの服をきて、隊列をくみながらはしるロードバイクも珍しくなくなりました。それだけ自転車の魅力が世間に広… »続きを読む

自転車のサビを落とす

投稿日:2011年08月26日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

自転車は大事に乗っていてもどうしてもサビついてしまいます。日ごろから水分をとったりしても防ぎきることはできませんよね。 もしサビがでてきたら、この方法でおとしてみてはいかがでしょう? 自転車のサビを落とすのに必要なのはア… »続きを読む

[Bicycle] cycling fun

投稿日:2011年08月18日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

More likely is nowadays often try for road bikes and bike cross well, afraid firsthand to enjoy bike Recently,… »続きを読む

Slow bicycle rust

投稿日:2011年07月26日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Bike and ride to care just chorus will be attached to. And water is taken from everyday will not be able to pr… »続きを読む