ロードバイク(ロードレーサー)に関する「のうはう!」

ここは「ロードバイク(ロードレーサー)」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ロードバイク(ロードレーサー)とは?

ロードバイク(Road bike)とは舗装路での高速走行に特化した自転車である。主にロードレースでの使用を通じて発達してきた。高速走行性能を最優先に設計され、どろよけやスタンドなど走ることに不要な部品は基本的に装備しない。幅の細い高圧タイヤを履き、走行抵抗の減少を図っている。ドロップハンドルと呼ばれる特徴的な形状のハンドルをもつ。部品、素材の進歩が著しく自転車の中で最も軽量化が進んでいる。

日本にはロードレーサーという名前で定着し、自転車歴の長いユーザーを中心に現在もこう呼ばれる。従来競技志向のユーザーが大多数だったが1990年代後半からその楽しみ方が多様化し、通勤・通学や自転車旅行に用いるなど非競技志向のユーザーが増加。レースを意識しない「コンフォート」と称される車体も増え、それらを含む総称として、ロードバイクの呼称も一般的となった。

歴史

ロードバイクの原型が完成したのは1900年代頃と考えられる。当時はほとんどトラックレーサーと同じ構造でハンドルはセミドロップハンドルに近いものだったが、1910年代に入るとロードレースに適したドロップハンドルが開発された。

また、この時代になるとダブルコグと呼ばれる左右で歯数の違うギアを装備したものが一般的となり起伏にある程度対応できるようになった。変速機もすでに登場していたが、ツール・ド・フランスでは禁止されていた。

しかしダブルコグ式は坂に差し掛かるたびに後輪を一旦外し、逆に取り付ける必要があった。さらにホイールの固定方法はウィングナット留めで、手がかじかむと外すことができなかった。

そんな中1930年代になると、現在のロードバイク用ハンドルとして一般的なマースバーが使われ始め1933年にウィングナット留めの欠点「手がかじかんで外せない」という点を補ったカンパニョーロの原点とも言えるクイックレリーズが登場。4年後の1937年には、ツール・ド・フランスにおいて変速機が使用できるようになった。ちなみに当時はフロントはシングル、リア3速が一般的だった。

しかしこのような技術革新も第二次世界大戦によって中断してしまうものの、1947年にツール・ド・フランスが再開されるとふたたび技術革新が始まりフロントにも変速機が付いた(ダブルギア)。変速機以外でも、リムが木製から金属製に変わるなどした。

そして1950年頃になるとクランクを逆転させて変速する必要がないスライド式のディレーラーが前後とも主流となったが、まもなくリアはタケノコ式のディレーラーに移り変わっていった。

しかし1960年代初頭には変速性能が良いパンタグラフ式が前後とも主流になった。1970年代に入ると、ロードバイク業界は一気に変化を遂げた。1971年にコンポーネントという概念を形にした「ヌーボレコード」が発売され、翌年にはシマノがデュラエースを発売。カンパニョーロはこれに対抗して1973年に「スーパーレコード」を発売するなど、かつてない程活発化した。新技術の開発も進み、1978年にはシマノが現在主流となっている「カセットフリー」(スプロケット)を実用化。デュラエースEXシリーズの一部として発売された。

出展:wikipediaより

ロードバイク(ロードレーサー)に関する「のうはう!」記事(新着順)

【自転車】サイクリングの楽しみ

投稿日:2011年12月06日|投稿者:rocketさん|コメント数(1)

最近はよくクロスバイクや競技用のロードバイクをよくみますが、もっとみじかに自転車を楽しみたいとおもいます 最近は、お揃いの服をきて、隊列をくみながらはしるロードバイクも珍しくなくなりました。それだけ自転車の魅力が世間に広… »続きを読む

[Bicycle] cycling fun

投稿日:2011年08月18日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

More likely is nowadays often try for road bikes and bike cross well, afraid firsthand to enjoy bike Recently,… »続きを読む

ロードバイク(ロードレーサー)に関連するニュース

ロードバイク(ロードレーサー)に関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

ロードバイク(ロードレーサー)に関連する動画

  • 該当する動画はございません