推理小説に関する「のうはう!」

ここは「推理小説」に関する記事を集めたカテゴリーです。

推理小説とは?

推理小説(すいりしょうせつ)は、小説のジャンルのひとつ。殺人・盗難・誘拐・詐欺など、なんらかの事件・犯罪の発生と、その合理的な解決へ向けての経過を描くもの。小説以外にも漫画や映画、ゲームなどさまざまなメディアに展開されるミステリーというジャンルの元になった。

推理小説という名称は、木々高太郎が雄鶏社にて科学小説を含む広義のミステリー叢書を監修した際、江戸川乱歩や水谷準に提案されて命名したものと伝えられる。このほか探偵小説、ミステリー小説という呼び名もあるが、前者の名称は「偵」の字が当用漢字制限を受けたために用いられなくなった。犯罪小説と重なる部分もあるが、完全に同義という訳ではない。

■推理小説誕生の前提となる社会状況

世界初の推理小説は、一般的にはエドガー・アラン・ポーの短編小説「モルグ街の殺人」(1841年)であるといわれる。しかし、その数年前にチャールズ・ディケンズも半推理・半犯罪小説の『バーナビー・ラッジ』を書いているほか、100年ほど前に書かれたヴォルテールの『ザディグ』(1747年)の一編『王妃の犬と国王の馬』も推理に重きが置かれている。さらには『カンタベリー物語』、『デカメロン』、聖書外典『ダニエル書補遺』の『ベルと竜』などにも推理小説のような話が収録されており、どこに端を発するかという議論は尽きない。

しかし、確実にいえるのは、1830年代にイギリスにおいて警察制度が整ったことにより、犯罪に対する新しい感覚が生まれたということである。1830年代に一世を風靡したニューゲート小説は、ニューゲート監獄の発行した犯罪の記録を元に書かれた犯罪小説であり、後の近代推理小説が生まれる基盤を作ったといえるだろう。

また、権利と義務の体系が整い、司法制度や基本的人権の尊重がある程度確立した社会が成立していることも、推理小説に欠かすことのできない要素であると考えられる。

推理小説というジャンルの確立には警察組織の存在が大きかった。法を手に犯罪者を捕らえる新しい形のヒーローが誕生した裏側には、また急速に都市化が進んでいくイギリスにおいて、都市の暗黒部に対する一般市民の不安が高まっていた、という歴史的事実もある。また都市化に伴うストレスのはけ口として、「殺人事件」というモチーフの持つ非日常性が必要とされていたという見方もある。

出展:wikipediaより

推理小説に関する「のうはう!」記事(新着順)

 1 2 3 4 5 ...8 9 10 次の10件

【本・読書】好きな本・作家の見つけ方

投稿日:2012年04月06日|投稿者:satoruさん|コメント数(2)

どうやったら自分の好きな本を見つけられるか、そして自分の好きな作家を見つける方法をお教えします。 読書は、しようとは思うんだけどなかなかできないという人が多いと思います。 そこで、読書がもっと楽しくなるノウハウをお教えし… »続きを読む

【漫画】漫画を日焼けさせないためには?!

投稿日:2012年02月10日|投稿者:samejimaさん|コメント数(2)

新品で買った漫画。 いつまでも大事にしたいですよね。 でも、久々に出したら凄い変色が・・・・。 ちゃんとした保管で、その変色をしにくくしましょう! 実は日焼けじゃない? 漫画はよく「日焼け/ヤケ」になってしまった、という… »続きを読む

読書をするときの注意

投稿日:2011年12月04日|投稿者:kumigeさん|コメント数(1)

読書もたまに休憩を入れましょう。 手順 読書に集中していますと、ついつい読み続けてしまいます。 集中できるうちは良いのですが、知らず知らずのうちに、目をたくさん使っています。 数分でも、楽しくても休憩を入れて、空を眺めた… »続きを読む

【読書】推理小説を読むメリット

投稿日:2011年12月02日|投稿者:kumigeさん|コメント数(2)

推理小説は、頭の回転もよくなります。 手順 推理小説を読むということは、その小説にぼっとうしていますと、 自然に、頭の中で、推理をしているものです。 ただ、ストーリーになっている小説を読むのとはまた違い、推理するというこ… »続きを読む

【お得!】オークションでこんなのが売れるって知ってますか?

投稿日:2011年11月24日|投稿者:ayayujiさん|コメント数(1)

ちょっとそのゴミ捨てるの待って下さい! もしかしたらお宝の山かもしれません… 材料・必要なもの 何かを処分しようとお考えのときにこちらを見て頂ければ幸いです。 手順 タバコの空き箱。 私の場合は過去にオークションに出した… »続きを読む

読書をたくさんしたい方へのアドバイス

投稿日:2011年11月03日|投稿者:kumigeさん|コメント数(1)

読書をたくさんしたい場合、あまりお金をつかわずにたくさん読書をするアドバイスです。 BOOK OFFを利用しましょう。 BOOK OFFで、読み終えた本や雑誌を売りましょう。 そして、こちらのお店では、100円くらいかた… »続きを読む

設定に凝って小説を書こう(一次小説)

投稿日:2011年10月29日|投稿者:kiririさん|コメント数(1)

趣味でずっと小説を書いているものです。 ファンタジー・SFなど「私たちの暮らす世界とは暮らし方や文化、環境、常識の違った世界」を書く上でのちょっとしたコツなどを。 キャラクターから作る手順になっていますが、世界から固めて… »続きを読む

【本】人に伝えるための文章力を身につけたい人に最適

投稿日:2011年10月28日|投稿者:uddhi-beruさん|コメント数(1)

文章を書いている時に、こんな書き方で、読んでいる人に自分の言いたいことがしっかりと伝わるのだろうか、と不安になることがありました。今までは文章をなんとなく感覚だけで書いていたのです。でも、その不安の理由がこの本を読んで分… »続きを読む

【読書】二度読みがおすすめ

投稿日:2011年10月25日|投稿者:yatta-manさん|コメント数(2)

本は一度読むと本棚の中にしまいっぱなしになりがち。 でも時間が経ってから読むと、違った視点から読む事ができます。 手順 買った本、読んでしまった後は本棚の中で眠ってしまう事が多いです。 そんな本をもう一度読んでみませんか… »続きを読む

【本・読書】子供たちへの読み聞かせ

投稿日:2011年10月18日|投稿者:rocketさん|コメント数(1)

本の読み聞かせのコツです。 手順 昔から読み聞かせは、地域でボランティアなどで広く浸透しています。上手く読む、聞かせるにはコツがあるようです。実際に聴いてみた感想も交えながら案内します。まず、当たり前のようですが、ハリの… »続きを読む

 1 2 3 4 5 ...8 9 10 次の10件

推理小説に関連するニュース

推理小説に関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

推理小説に関連する動画

  • 該当する動画はございません