フラワーデザインに関する「のうはう!」

ここは「フラワーデザイン」に関する記事を集めたカテゴリーです。

フラワーデザインとは?

フラワーデザイン (flower design, floral design) とは花を用い、ある対象について、良い構成を工夫すること。また、計画・配置すること。これらを業とする人をフラワーデザイナーと呼ぶ。花のみでなく植物の茎、葉、根などを用いることもある。デザイン(応用美術)の分野のひとつである。

花卉意匠(フラワーデザイン)と花卉装飾(フラワーデコレーション)とでは正確には意を異なるが、花卉装飾はフラワーデザインに含まれることがほとんどで、両者は密接な関係にあるといえる。また、園芸装飾についても同じことが言える。

2000年代に入る頃まで、殆どの英語圏においてフラワーデザインという言葉の意味は、新品種を育種・改良することを示す言葉として認知されており、日本以外の国では通じない和製英語であったが、近年ヨーロッパやアジアにおいてもようやく理解されるようになてきている。海外においてはフラワーアレンジャーと呼ばれることがほとんどである。

国内には代表的なフラワーデザイナーの組織として、文部科学省と厚生労働省が認可する社団法人日本フラワーデザイナー協会 (NFD) が1967年に設立されている。また、世界的なフラワーデザイナーの組織としてWAFA (World Association of Flower Arrangers) が1981年に設立され、3年ごとに世界大会が開催されている。

出展:wikipediaより

フラワーデザインに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「フラワーデザイン」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「フラワーデザイン」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?