ブランド品に関する「のうはう!」

ここは「ブランド品」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ブランド品とは?

ブランドは元々、自分の家畜などに焼印を施し、他者の家畜と区別するために行われたものである。商標法で保護されている「ブランド」も同じような商品を見分けるために製造元が取り付けていた商標やマーク、タグなどの付属物に過ぎない。しかし、その商品が優れていた結果広く使われるに従い、付属物が「商品が良質だ」「使い勝手が良い」等といった判断基準を消費者に連想させるような働きをするようになる。また、その逆もある。
商品を現すイメージを確立した後は、付属物自体(ブランド自体)が重要な意味を持つようになった。それが商品やサービスとは離れて、独り歩きする場合もある。
現代では、マーケティング分野におけるブランドの価値が注目されており、欧米における企業買収、合併に際して”ブランド価値”無形資産として高く評価されている(例:たばこ会社のフィリップモリスが食品会社クラフトを買収したときや、ネスレがイギリスの菓子メーカーを買収した際には、ブランド価値に対して巨額を支払った)。

ファッションにおけるブランドは、個性がより求められるため、他業界よりも差別化の価値が高いとされており、いわゆるブランド戦略が成り立ちやすい。高価格・高品質で、そのデザインやコンセプトが賞賛を浴びるプレステージブランドはその好例である。
またファッションでは商品の品質とは別に、「どこで買ったか」も重要な要素となる。そのため商品価格とブランド価値は必ずしも一致するとは限らない。例えば、質が同程度の商品がA店(低価格が売り)とB店(おしゃれなことで定評がある)で売っていれば、消費者は例え低所得層であってもB店を選ぶ傾向がある。「家電製品と衣類は違う」のである。結果として、品質が安物であっても宣伝などに成功すれば、人気が出て有名ブランドとなる事例もある(一例としてはターゲットとウォルマートがある)。
昨今のアパレル系企業においては、商業的な手法で次々とブランドを立ち上げ、売り上げ次第でいとも簡単にコンセプト変更・切り捨てが行われる手法が存在するのは、前述の事例とも無関係とはいえない。

出展:Wikipediaより

ブランド品に関する「のうはう!」記事(新着順)

不要になったブランド品は

投稿日:2011年11月01日|投稿者:kumigeさん|コメント数(2)

不要になったブランド品は、買い取ってもらいましょう。 手順 せっかく購入したりいただいたりしたブランド品も、 みなさんが、不要だと思ってしまえば、何の価値もなくなってしまいます。 そんな不要になったブランド品は、買い取っ… »続きを読む

【ファッション】ブランドバック等を安く買う方法

投稿日:2011年10月20日|投稿者:iorinさん|コメント数(1)

ブランドバック等を安く買う方法です。 ブランドバック等はどこに行ってもなかなか安く購入することができません‥‥。 最近利用している方法をご紹介します。 それはネット等でメーカーさんが実施している「ファミリーセール」です。… »続きを読む

[Fashion] how to buy cheap brand back, etc.

投稿日:2011年06月30日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Is the how to buy cheap brand back etc. Not quite cheaper brands back etc go to where to buy ‥ ‥. Introducing … »続きを読む

Brand-name items no longer needed

投稿日:2011年06月06日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Let bought goods no longer is. Steps: I got to buy a long-awaited brand products also Once thought you needed,… »続きを読む