香水に関する「のうはう!」

ここは「香水」に関する記事を集めたカテゴリーです。

香水とは?

香水(こうすい)は、体や衣服に付け、香りを楽しむための化粧品の一種。

もともと宗教的な用途や薬用として使われていたが、近代以降、楽しみやたしなみとしての香水が生まれた。香料をアルコールなどの溶剤に溶かして作られるものが多いが、他にもワックスに練り込まれた固形状の物などもある。現在では数多くのブランドが生まれている。

装飾品同様、定番のブランドがある一方で、新商品、季節限定商品が市場で注目されることも多い。女優などが自分の名前を冠した商品やブランドを立ち上げることもある。

香水は付けた人間の体臭と混ざり合って香りを演出するので、液体の香りそのものからは身に付けた際の香りを知ることはできない。肌の酸性度(pH – ペーハー)、水分量、皮脂量が各人異なるうえ、皮膚を構成するタンパク質の末端のアミノ酸の違いで飛ばされる香料と残される香料に個人差がある。また、香りは時間がたつにつれて変化する。香水をつけて10分くらいの香りをトップ・ノート、少し時間が経って20分から30分ぐらいの香りをミドル・ノート、大分時間が経って消えてしまうまでの香りをラスト・ノートという。変化のしかたや早さは、濃度や商品によってさまざまである。

揮発性を利用することから、一般的には体温の高い脈打つ場所につけるとされる。特にひじの内側につけると皮膚温が高く、動作のある為、効率よく揮発する。同じ静脈でも手首は衣服や物に触れる事が多く、案外消えが早くなる。また香りの変化や持ち・目的に合わせてつける場所も変える。しかし香水の成分には光毒性(光感作)のあるものも多く、シミの原因にもなるので直射日光の当たる場所につけるのは勧められない。特に鼻と両肩を結ぶトライアングルを形作る部分はタブー。香りは体の位置の低い部分から高い部分へ立ちのぼるのでつける部位と分量は十分な配慮が必要である。自分でも香りが分かるようではつけ過ぎのことが多い。またハンカチやスカートのすそなど、衣服につける場合もある。この場合は香水によるシミができることがあるので、使用後の衣服の取扱いに注意が必要となる。皮膚の敏感な人は直接膚につけずコットンなどにしみ込ませて下着の間、ポケットなどに忍ばせると良い。

香水の調合を職業とする者を調香師(パフューマー、parfumer)と言う。フランスでは、極めて評価の高い調香師をさす「ネ」(仏:nez; 「鼻」の意)という称号がある。石鹸、シャンプー、洗剤等の日用品や、清涼飲料水等の食品に添加する香料を調合する人はパフューマーではなくフレーヴァリスト(flavorist)と言う。

日本でも香水は化粧品の一種として広まってはいるが、欧米ほど使用が一般的になってはいない。これは、食生活や入浴頻度などの文化的経緯から臭い、味覚に敏感であり、無臭が好まれているためである。また、そもそも欧米人と比較して、日本人の多くを占めるモンゴロイド(特に弥生人にあたる新モンゴロイド)には腋臭が少ない人が多いためとも考えられる。その結果、香水そのものの認知やにおいに対するマナーの違いなどにも影響を与え、香水の普及に歯止めをかけていると言える。日本の化粧品会社の製品もあるが、人気商品の多くは代理店などによって海外から輸入されたものである。

■香調による分類

香水はその香りのタイプ(香調)によっていくつかに分類される。複数の香調を組み合わせて作られた香水も多い。

・シトラス:主にレモンやライムの香りでオー・デ・コロンに多い。
・フローラル:バラ、ジャスミン、スズランなどの花の香り。
・アルデヒド:合成香料類の総称。フローラル系の濃厚な香りを指す。
・シプレ:ベルガモット、オークモスを基調とした香り。コティ(Coty)社の香水「シープル」に由来する。
・フゼア:ラベンダー、ゼラニウムを基調とした香り。ウビガン(Houbigant)社の香水「フゼア・ロワイヤル」に由来。多く男性用。
・オリエンタル:バニラ、没薬(ミルラ)や乳香(オリバナム、フランキンセンス)等の天然樹脂系を基調とした香り。
・アニマリック:ムスク、霊猫香等を基調にした香り。
・ウッディ:白檀、パチュリなど香木を基調とした香り。男性向けに多い。
・オゾン:マリンノート・アクアノートとも言われる。1990年代に登場したキャローンと呼ばれる完全な合成香料により実現した、自然界には実在しない全く新しいノート。海やスイカ、干している洗濯物などをイメージさせる透明感のある瑞々しい香り。主に男性向けだが、最近はユニセックスの香水にも多く使われる。

出展:wikipediaより

香水に関する「のうはう!」記事(新着順)

洗濯しないで布製品を良い香りに

投稿日:2011年11月16日|投稿者:ayayujiさん|コメント数(1)

タバコの香り、生活臭でカーテンに嫌な香りがつくことも。 特にレースは不愉快な香りがする事があります。 ソファーカバーも洗いにくいですよね。 毎回洗うとお金がかかるので簡単に良い香りにしちゃいましょう。 材料・必要なもの … »続きを読む

女性の香水の選び方

投稿日:2011年11月01日|投稿者:kumigeさん|コメント数(2)

接する方に合わせて、香水の香りを変えましょう。 手順 香水の香りは、その日にお会いする方に合わせて、変化をつけましょう。 きつい香りを嫌がるかたも、少なくはありません。 初めてお会いするかたのときには、できるだけほのかに… »続きを読む

【美容】香水の効率的な使い方

投稿日:2011年10月14日|投稿者:maroさん|コメント数(1)

・香水を上手につけるテクニック ・香水をできるだけ長持ちさせる方法 ・香水をボディーにつけてはいけない場所とつけるポイント これらをご紹介します。 香水を上手につけるテクニック 香水には、下から上へと香りが立ち昇る、温め… »続きを読む

香水をつけるところは体のどの部分?

投稿日:2011年09月30日|投稿者:pixyさん|コメント数(2)

香水をつけるところは体のどの部分かご紹介します。 みなさん、香水はつけていますか? 最近はいろんな種類の香水がでて値段も安くなっているものもありますよね。 そしてみなさん、香水は体のどこにつけていますか? きっとみなさん… »続きを読む

How to choose perfume

投稿日:2011年08月29日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Same surprising aroma vary so temperature perfume does not smell. Will teach you how to choose a perfume and b… »続きを読む

気になる汗の臭いを消す方法

投稿日:2011年08月29日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

汗をかいてべたつくのはもちろん、臭いも気になりますよね。どうにかして抑えたいその臭い、こんな方法で消してみてはいかが? 必要なものは、水とミョウバン。 水1リットルあたりに大さじ一杯程度のミョウバンを入れます。 汗の臭い… »続きを読む

ワキ汗のシミ、黄ばみ、臭い対策

投稿日:2011年08月13日|投稿者:moguraさん|コメント数(3)

夏の汗の悩みに 食生活を改善する 油が少なく、ビタミンの豊富な野菜や魚、海草など。 わきが臭は食生活の影響が大きいですが、緑黄色野菜に含まれるビタミンA、 胚芽やゴマに含まれるビタミンEにより抑制することができます。 ス… »続きを読む

香水の選び方

投稿日:2011年08月07日|投稿者:wildeyeさん|コメント数(1)

香水は体温によって香りが変わるので意外に同じ香りがするわけではありません。 その人の体温と香水の選び方を伝授します。 まずはお店に出向いて出来るだけ手にとってしっかり摩擦を加えてきましょう。 汗や熱で少々香りが変わります… »続きを読む

香水のつけ方【応用編】

投稿日:2011年08月07日|投稿者:martinさん|コメント数(3)

香水の付け方(応用編)についてなど、記述します。 香水の付け方の応用編です。 香りを長持ちさせる為には、どうしたら良いでしょうか。 香水は一定の時間が経過すると香りがなくなりますね。 例えばオードトワレだと3-4時間が限… »続きを読む

【自己流】男性用香水のつけ方

投稿日:2011年08月04日|投稿者:wildeyeさん|コメント数(3)

中年男性が体臭とうまく付き合うために香水を利用する自己流な方法です。 つける時間 朝、通勤で利用する交通機関にのる30分くらい前に香水をつけます。 このぐらい時間をあけないとトップノートの香りがきつく、周囲に迷惑です。 … »続きを読む