アームレスリングに関する「のうはう!」

ここは「アームレスリング」に関する記事を集めたカテゴリーです。

アームレスリングとは?

アームレスリング(Armwrestling)は、専用の競技台で、世界共通の厳格なルールのもと行われる腕相撲に似た競技のことで、「卓上の格闘技」とも呼ばれる(厳密には格闘技とは全く異なる)。

アームレスリングの選手はアームレスラーと呼ばれる。米国、ロシアを中心に大規模な大会が開かれ、入賞者に賞金や豪華な賞品がスポンサーより与えられる大会もある。また毎年各国で世界大会も開催され、世界中の『腕自慢』が集まり、迫力のある熱戦を繰り広げている。

日本においては、マイナーな競技というイメージがあるが、誰でも手軽にできる親しみやすさもあって、全国各地で大会やイベントが開催されている。世界規模の大会で活躍する日本人選手も何人か出ており、次第に選手のレベルも向上している。

■腕相撲との違い
素人目には、アームレスリングも腕相撲も同じ様に見え、単に英語を日本語に訳しただけと考えている者も多いが、正式ルールを比較すると両者は大きく異なり、例えば「柔道とボクシング」を比較するようなもので、全く別の競技と言っても差し支えない。したがって、腕相撲が強い者でもアームレスリングが強いとは限らず、その逆も然りである。

共通部分としては、アームレスリングにも昇段審査を行う団体があり、所定の条件を満たし、かつ料金を支払う事で認定される。

■ルール
・左右の腕ともに、重量別のクラスに分けて試合を行う。
・審判は主審、副審の2名。
・競技台の前に立ち、互いに一礼し、試合を行わない方の手でグリップバーを握る。
・競技開始前は自分の胸が相手に対し正面を向くように構える。
 肩を極端に傾けてはならない。
・競技開始前は手首を曲げず、手の甲から前腕が水平状態になるように組む。
・相手と組んだ状態で、人差し指の第一関節が隠れてはいけない。
・お互いに、組んだ手から、拳一つ分顔から離す
・上記のセットアップが長時間が決まらない場合、
 審判主導のもとセットアップが行われる。
・お互いの組手が公平と判断された場合、審判員が「ストップ」の声をかける。
 ストップの声が掛かった時点で競技者は組手を動かす事が出来ない。
・競技は審判の「ゴー」で開始し、「ストップ」「ウィナー」の声で終了する。
・相手方の手の甲を競技台のタッチ・パットにつけた方を勝者とする。
 時間に制限はない。
・競技中に、組手がスリップして外れた場合、審判主導のもとストラップという帯で
 お互いの手を組んだ状態で固定し、再び試合を行う。
・競技にはファールを設け、ファールを2回受けた競技者は負けとみなす。

以下の行為を行えばファールとなる。

・競技台のエルボーパッドから肘が浮く。(エルボーアップ)
・競技台のエルボーパッドから肘が出る。(エルボーダウン)
・競技中、故意に握り手を離した場合。
・グリップバーから手が離れた時。
・審判員がケガにつながるような危険なフォームと見なした場合。
 (関節部が伸びきった態勢で防御している場合に宣告されやすい)
・競技中に自分の両足が床面から離れた時。(片足は可)
・競技中に自分の腕が自分の体の一部に触れた時。
・フライングをする。
・セットアップで審判の指示に従わない場合。
・競技開始直前、審判員から「ストップ」の声がかかった後に、
 手、握り、指、肩を動かした時。

出展:wikipediaより

アームレスリングに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「アームレスリング」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「アームレスリング」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?