占いに関する「のうはう!」

ここは「占い」に関する記事を集めたカテゴリーです。

占いとは?

占い(卜い、うらない)とは様々な方法で、人の心の内や運勢や未来など、
直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいう。
卜占(ぼくせん)や占卜(せんぼく)ともいう。

占いは、大別すると命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の三種類に分かれ、
占う者は目的に応じて占いを使い分け、組み合わせる。
また命・卜・相に医、山(肉体的および精神的な鍛錬)を加えて「五術」ともいわれる。

「五術」や「命・卜・相」は、中国では一般的な言い方であるが、
日本には、1967年頃台湾の張明澄張耀文)が伝えたのが最初とされる。
実際、台湾の占い師の看板は、たいてい「命・卜・相」か「五術」のどちらかである。

張明澄によれば、中国の五術は記号類型化による経験則の集大成であり、
科学とはいえないものの、霊感などのような反科学的な要素は含まないという。
逆に、科学は時間に記号をつけて類型化するという発想はないし、観察した経験もないから、
五術を否定する根拠を持てないという。 五術に医が含まれるのは、中国医学は五術の命などと
全く同じ方法で、つまり記号類型によって成り立った伝統医学だからである。

五術というのは機能面からの分類だが、方法論的な分類としては六大課ともいわれ、
太乙神数、奇門遁甲六壬神課河洛易数、星平会海、宿曜演禽、という六種の術数を、
五術六大課という。

■命(めい)
運命、宿命などを占うもの。誕生した生年月日・時間や、生まれた場所の要素も加えることによって、
その人の生来の性質、傾向、人生の流れなどを占う。推命(すいめい)とも呼ばれる。

四柱推命(子平命理八字)          紫微斗数紫薇斗数ともいう)
河洛命理                       奇門命理
星平会海(子平と七政星学を合わせたもの) 太乙命理
六壬命理                       七政命理(中国占星術) 
星座占い西洋占星術を簡略化したもの)   演禽命理
西洋占星術(ホロスコープ)            占星術
数秘術                        九星気学
算命学                        0学占い
六星占術細木数子)               誕生日占い
動物占い(四柱推命を簡略化したもの)    属性占い

■卜(ぼく)
人が関わりあう事柄(事件)を占うもの。何かを決断するときなどに使う事が多く、
卜(ぼく)によってあることを定めることを卜定(ぼくじょう)と称される。
時間、事象、方位など基本にして占う。占う事象を占いをする時期、出た内容などと
シンクロニシティさせて(ある意味、偶然性や気運を利用して)観る。
わかりやすい例として、 一輪の花を手にとって花びらを一枚一枚摘んで「好き・嫌い」を判断する
恋愛占いや、えんぴつを転がして行う「えんぴつ野球」(ヒット代わりに吉としたら…)なども
その一種である。ちなみに卜の文字は、亀甲占いの割れ目を意味する象形文字を原形としている。
また占の文字も同じ系列に属する。

周易                  六壬神課
断易(五行易、卜易、鬼谷易)  梅花心易
奇門遁甲               太乙神数
皇極経世               ホラリー占星術
銭占(コイン占い)          ルーン占い
タロット占い              ジプシー占い
ダイス占術              水晶占いスクライング
ダウジング              六爻占術
御神籤(おみくじ)          阿弥陀籤(あみだくじ)
辻占い(辻占、つじうら)      花びら占い
えんぴつ占い             ジオマンシー

■相
目に見える対象の姿や形を観て、現在の、人への影響や吉凶などをみる占い。
覚心理学や図形心理学音声心理学などである程度合理的な説明ができるものもあり、
全て非科学的と否定しきれない。

姓名判断            手相占い
人相占い             印相占い印鑑占い
名刺相占い           夢占い
ヴァーストゥ・シャーストラ   風水
家相               墓相

出展:wikipediaより

占いに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「占い」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「占い」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?