占星術に関する「のうはう!」

ここは「占星術」に関する記事を集めたカテゴリーです。

占星術とは?

占星術(せんせいじゅつ)または占星学(せんせいがく)は、太陽系内の太陽・月・惑星・小惑星などの天体の位置や動きなどと人間・社会のあり方を経験的に結びつけて占う技術(占い)。古代バビロニアを発祥とするとされ、ギリシア・インド・アラブ・ヨーロッパで発展した西洋占星術・インド占星術と、中国など東アジアで発展した東洋占星術に大別することができる。

■発祥
古代バビロニアで行われた大規模な天体観測が起源であり、ギリシア・インド・アラブ・ヨーロッパ・中国へ伝わったといわれている。おもに国家や王家の吉凶判断に使われた。バビロニア占星術は紀元前三世紀頃にギリシアに伝わり、個人の運勢を占うホロスコープ占星術に発展した。占星術を指す単語は、古典ギリシア語のアストロロギア(astrologia)に由来する。アストロロギア(astrologia)のアストロ(astro)という接頭辞は古典ギリシア語の astron 星でありastrologiaとは星について考えたことという意味になる。アストロノミア(astronomia、英語のastronomy)天文学とはastrologiaのなかで星の動きなどについての学問であった(nomos は秩序の意味)。ちなみに、astrologistは占星術者である。

■インド・アラブ・ヨーロッパ
二世紀頃にはインドに伝わりインド占星術として現在でも盛んである。現在一般に流布しているのは、ギリシアからアラブ・ヨーロッパで行われている西洋占星術と言われるもので、現在日本で星占いとして流布している通俗的な占いも西洋占星術と起源を同じくすると考えられる太陽占星術である。

■中国
古代中国において「天文」とは、狭義の天文学と観測される天象による占いとが渾然一体となったものであった。バビロニア占星術とは異なり、天体の配置ではなく日食、月食、流星、彗星など天変現象に注目したものであった。天変は天が与える警告であるという考え方であり、これは一般に天変占星術と言われる。ただしバビロニア起源と考えられるホロスコープを使った占星術の影響を受けて成立したと考えられる、六壬神課の基本構造が戦国-秦-漢の時代には確立していた。また唐の時代に占星術をそのままの形で受容した七政四餘が成立した。七政四餘は日本でも受け入れられ宿曜道となった。

出展:wikipediaより

占星術に関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「占星術」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「占星術」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?

占星術に関連するニュース

占星術に関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

占星術に関連する動画

  • 該当する動画はございません