人生ゲーム(ボードゲーム)に関する「のうはう!」

ここは「人生ゲーム(ボードゲーム)」に関する記事を集めたカテゴリーです。

人生ゲーム(ボードゲーム)とは?

人生ゲーム(じんせいゲーム、The Game of Life)は、1960年にアメリカMilton Bradley社(現ハズブロ)から発売された、ボードゲームである。

原型は1860年ごろ、米国マサチューセッツ州・スプリングフィールドで印刷業を営むミルトン・ブラッドリー (en:Milton Bradley) という24歳の若者によって考案された「The Checkered Game of Life」。

日本版は、1968年、株式会社タカラ(現タカラトミー)から発売された。タカラトミーの発表によると、日本版の累計出荷数は1000万個を超える。「人生ゲーム」はタカラトミーの日本に於ける登録商標(第919585号)である。

ゲームシステムは、双六の発展形。ゲーム序盤のルーレット目によって「人生の筋道」が決まり、その後の人生が左右されていく。プレイヤーはサイコロではなく「ルーレット」を回し、人の一生になぞらえたイベントをこなしていく。現在でも改良版が発売されているという、息の長いゲームである。 ボードゲームとしての人生ゲーム以外にも、携帯ゲームとして発売された「人生ゲームキャンディ」シリーズもある。また、オンラインでも遊べたり、携帯電話のゲームとしても配信されている。

出展:wikipediaより

人生ゲーム(ボードゲーム)に関する「のうはう!」記事(新着順)

子どもに買い与えるゲームは

投稿日:2011年12月24日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

子どもにゲームを買い与えるとき、何を基準としていますか? 内容を調べてもよく分からない場合は、レーティングで判断してみてはいかがでしょうか。 子どもにゲームを買い与えるとき、それが悪い影響を与えないかと考えてしまう方は多… »続きを読む

Game bought give children

投稿日:2011年08月12日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

When buying children’s games, relative to what? If you also check the content I’m try to judge rat… »続きを読む