モノポリー(Monopoly)に関する「のうはう!」

ここは「モノポリー(Monopoly)」に関する記事を集めたカテゴリーです。

モノポリー(Monopoly)とは?

モノポリー(英語:Monopoly)は20世紀初頭にアメリカ合衆国で生まれたボードゲームの一つである。世界中に愛好者を持つ。プレイヤーは双六の要領で盤上を周回しながら、他プレイヤーと盤上の不動産を取引することにより、同一グループを揃え、他のプレイヤーから高額なレンタル料を徴収し、自らの資産を増やし、最終的に他のプレイヤーを全て破産させるのを目的とする。モノポリーとは英語で「独占」を意味する。

モノポリーの原型は、経済大学院の教授や学生が政治や教育上の試みとして制作していたもので、製品として販売された時点で30年の歴史があったといわれる。このゲームを、1933年にエンジニアのチャールズ・B・ダロウ(ペンシルバニア州在住)が遊んでみて惚れ込み、独自の改良を加え、1935年、完成させたとされる。パーカー・ブラザーズに売り込んだものの、ファミリーゲームとしては終了までの時間がかかりすぎる点など、ゲームの専門家にデザイン上の欠陥が52もあることを指摘されて商品化を断られる。しかし、ダロウが手作りのゲームを独自に販売したところ成功したため、パーカー・ブラザーズが権利を取得した。また、ダロウが権利を譲渡する際、パーカー・ブラザーズはゲーム時間の短縮のために、90分で総資産を計算して勝者を決める方法をダロウに提案し、相手を最後まで破産させるプレイ時間の長い方式と併記することによってダロウは契約を受け入れた。

1935年のクリスマスシーズンに初めて発売されたモノポリーは、大不況の時勢のもとで大ヒットした。1966年にはビートルズが来日し、ファンが殺到しホテルに釘付けになっていたため、ホテルでモノポリーに熱中していた。

また、棋士の間でも、1990年代にモノポリーが流行した。地方対局にも対局用品と共に携帯し、昼の対局で火花を散らした棋士同士が、夜は棋士仲間やスタッフも加えて仲良くモノポリーに興ずる光景が見られた。

「島朗#人物」も参照

現在では、他に地域・世界(なかにはスターウォーズなどを舞台に)などのさまざまなバージョンが存在する。

また、「億万長者ゲーム」や「いただきストリート」など、モノポリーのルールをアレンジしてつくられたボードゲームも存在する。

出展:wikipediaより

モノポリー(Monopoly)に関する「のうはう!」記事(新着順)

子どもに買い与えるゲームは

投稿日:2011年12月24日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

子どもにゲームを買い与えるとき、何を基準としていますか? 内容を調べてもよく分からない場合は、レーティングで判断してみてはいかがでしょうか。 子どもにゲームを買い与えるとき、それが悪い影響を与えないかと考えてしまう方は多… »続きを読む

Game bought give children

投稿日:2011年08月12日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

When buying children’s games, relative to what? If you also check the content I’m try to judge rat… »続きを読む

モノポリー(Monopoly)に関連するニュース

モノポリー(Monopoly)に関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

モノポリー(Monopoly)に関連する動画

  • 該当する動画はございません