ミニチュアゲームに関する「のうはう!」

ここは「ミニチュアゲーム」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ミニチュアゲームとは?

ミニチュアゲーム (Miniatures game, Miniature wargaming) は、ウォーシミュレーションゲームの一形態である。アクチュアル・シミュレーション(・ウォーゲーム)とも呼ばれる。

ミニチュアゲームでは小形の立体模型を駒として使用し、テーブルや床の上、本格的なものでは戦場を再現したディオラマを使用する。地形を描いたボードと平面の駒を使用する通常のウォーシミュレーションゲームとはこの点で区別される場合が多い。駒の移動などの際には主に紙製や布製のテープメジャーで距離を計測する。

駒(ミニチュア、フィギュアと呼ばれる)は一定の縮尺(スケール)で統一されたものが使用される。代表的なスケールには10mm、25mm、28mmといったものがある(これは通常の大人の身長がこのサイズになる目安)。

ミニチュアゲームの販売元はルールとは別にゲームで使用する駒(金属製、プラスチック製が主流)を販売しており、通常はミニチュアゲームのプレイヤーはこれを必要数購入して、各々が組立、塗装を行いゲームで使用する。

多くのミニチュアゲームルールが存在しており、いくつかはインターネットで無償公開されている。ボード形式のウォーシミュレーションゲームは歴史上のシナリオを再現するものが一般的だが、ミニチュアゲームでも歴史上の軍勢の交戦を再現するアプローチがある一方で、ファンタジー世界の魔法使い、サイエンスフィクションの宇宙船、などといったフィクションの世界での戦闘を再現するものも多い。

ルールは縮尺により幅があり、一つの駒が一つの兵士を扱う場合もあれば、分隊、小隊、あるいはそれ以上の単位を駒としてあつかうこともある。

いくつかのミニチュアゲームは広く展開しており、特に「ゲームズワークショップ」の「ウォーハンマー:ファンタジーバトル」「ウォーハンマー40,000」、そして「指輪物語」をベースにしたミニチュアゲームが著名で、アメリカ合衆国、イギリスの大都市、そして日本の東京には「ゲームズワークショップ」の専門店も存在する。また、歴史上の戦闘を再現するミニチュアゲームの「De Bellis Antiquitatis(DBA)」のファンタジー版「Hordes of the Things」も展開されている。

出展:wikipediaより

ミニチュアゲームに関する「のうはう!」記事(新着順)

子どもに買い与えるゲームは

投稿日:2011年12月24日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

子どもにゲームを買い与えるとき、何を基準としていますか? 内容を調べてもよく分からない場合は、レーティングで判断してみてはいかがでしょうか。 子どもにゲームを買い与えるとき、それが悪い影響を与えないかと考えてしまう方は多… »続きを読む

Game bought give children

投稿日:2011年08月12日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

When buying children’s games, relative to what? If you also check the content I’m try to judge rat… »続きを読む