オセロに関する「のうはう!」

ここは「オセロ」に関する記事を集めたカテゴリーです。

オセロとは?

オセロ (Othello) とは、2人用のボードゲーム。交互に盤面へ石を打ち、相手の石を挟むと自分の石の色に変わる。最終的に石の多い側が勝者となる。単純なルールながらゲーム性は奥深いとされており、“A minute to learn, a life time to master”(覚えるのに1分、極めるのに一生)をキャッチフレーズとする。1945年秋頃に日本の茨城県水戸市で考案された。ただし、それ以前にほぼ同種のゲームが存在している。

■基本的なルール
8×8=64の升目で構成された盤面を用いる。石は両面が白と黒になっており、黒のプレイヤーは黒い面で、白のプレイヤーは白い面で石を打つ。

まず中央の4升に白と黒の石をそれぞれ2個ずつ互い違いに置き、黒が先手となる。石を打つとき、縦・横・斜め方向に相手色の石を自色で挟み、挟まれた石を自色に返す。相手の石を返すことができない升に石を打つことはできない。打てる升がない場合はパスとなり、パスの回数に制限はない。返せる石がある場合、パスをすることは認められない。石が盤面の64の升目を全て埋め尽くした時点、あるいは打つ場所が両者ともなくなった時点でゲーム終了となる。

オセロでは横の座標をa~hの小文字のアルファベットで、縦の座標を1~8の数字で表す。h1からa8までの対角線をブラックライン、a1からh8までの対角線をホワイトラインと呼ぶ。

■白番・黒番の決定方法
オセロにおいても囲碁と同じ感覚で下手が黒を持とうとするが、囲碁や将棋と異なり、先手が確実に有利というわけではないことが経験的に分かっている。黒が打つ初手は一見すると4ヶ所あるので4通りあるように見えるが、どこを打ってもトポロジー的な見方では一通りの打ち方に収束される。つまり、既に決まっているところに石を打っているのと同じで、実質的に黒が後手になっている。公式ルールにおける先手後手の決定はコイントスに近い方式で行われる。引き分けを認めない場合は、上段者(同段級位の場合は年長者)が石を1個握り、上面又は下面の色を下段者(同段級位の場合は年少者)が当てる。的中であれば的中させた者が、不的中の場合は石を握った者が白番・黒番を選ぶ権利、あるいは石の数が同数の場合に勝者となる権利のどちらかを選択する。引き分けを認める場合は、同様に上段者が石を握り、下段者が上面又は下面を選択して選択した面の色の手番を持つことになる。

出展:Wikipediaより

オセロに関する「のうはう!」記事(新着順)

子どもに買い与えるゲームは

投稿日:2011年12月24日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

子どもにゲームを買い与えるとき、何を基準としていますか? 内容を調べてもよく分からない場合は、レーティングで判断してみてはいかがでしょうか。 子どもにゲームを買い与えるとき、それが悪い影響を与えないかと考えてしまう方は多… »続きを読む

Game bought give children

投稿日:2011年08月12日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

When buying children’s games, relative to what? If you also check the content I’m try to judge rat… »続きを読む