アーユルヴェーダに関する「のうはう!」

ここは「アーユルヴェーダ」に関する記事を集めたカテゴリーです。

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダ(aayurveda)はインド大陸の伝統的医学で、その名はサンスクリット語の「アーユス(aayus 生気、生命)」と「ヴェーダ(veda 知識|学)」の複合語である。現代西洋でいう医学のみならず、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含んでいる。約五千年の歴史があり、チベット医学や古代ギリシア、ペルシアの医学等にも影響を与えたといわれており、インド占星術とアーユルヴェーダも深い関わりがあるとされている。「ヴァイシェーシカ」や「サーンキャ」を基礎においている。

現在、世界各地で西洋医学の代替手段として利用されている。

心、体、行動や環境(西洋医学の父といわれるヒポクラテスも重視した)も含めた全体としての調和が健康にとって重要とみる。アーユルヴェーダでは病気になってしまってからそれを治すことより、病気になりにくい心身を作ること、病気を予防し、健康を維持するという「予防医学」の考え方に立っている。アーユルヴェーダは人間の身体を構成するパンチャブータ(五つの幽霊という意味。水は土を突き抜けていくように、古代インドでは、物質は見た目だけの粗大な構造物だと考えられていた。)つまりプリティヴィー(土)、アープ(水)、テージャス(火)、ヴァーユ(風)、アーカーシャ(空間)の形而上学に基づいて作られている。これらのより良いバランスを保つことにより、より具体的には、トリドーシャ(3大基本エネルギー要素の意)つまりヴァータ(気質:風と空気の複合元素)、ピッタ(胆汁酸:火と風の複合元素)及びカパ(痰:水と土の複合元素)のバランスが取れていること、各ダートゥ(肉体の「7つの構成要素」の意)がきちんと消化されていること、不快な状態がないことなどが健康の条件となる。

出展:wikipediaより

アーユルヴェーダに関する「のうはう!」記事(新着順)

美容のための身心健康法

投稿日:2012年02月02日|投稿者:tomatoさん|コメント数(1)

美容に大敵なのがストレス。ここでは、ストレスの改善法として自律訓練法をご紹介します。 手順 静かな部屋に入り、ベッドに仰向けに寝ます。または、椅子にゆったりと座ります。 軽く目を閉じ、体の力を抜きましょう。 心の中で言葉… »続きを読む

ヨガは呼吸が大事

投稿日:2011年09月19日|投稿者:pixyさん|コメント数(1)

ヨガは呼吸が大事だそうです。 ヨガといいますとインドが盛んなような気がしますが、 最近は日本でも流行しているようです。 体を激しく動かす動作ではなく、ゆっくりと滑らかに動かしていきます。 他のカテゴリーでは、中国の太極拳… »続きを読む

Yoga breathing is important

投稿日:2011年08月17日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Respiratory care seems Yoga is. And is known as yoga India such active care and Nowadays is prevalent even Jap… »続きを読む