エアロビクスに関する「のうはう!」

ここは「エアロビクス」に関する記事を集めたカテゴリーです。

エアロビクスとは?

エアロビクスダンスあるいはエアロビックダンスエクササイズと呼ばれる運動はダンス形式の有酸素運動である。単にエアロビクスと呼ばれることも多い。

エアロビクスダンスは、ケネス・H・クーパー(Kenneth H. Cooper)のエアロビクス理論をもとにジャッキー・ソレンセン(Jacki Sorensen)が開発したといわれる。1980年代にジェーン・フォンダが火付け役となって広まった。当初は走る動作や跳ねる動作(ハイインパクトと呼ばれる)が多用されたが障害や疲労骨折が多発し、この問題の反省からハイインパクト動作を控える流れができた。それとともに衝撃の少ない、エアロビクスダンスに代わるエクササイズが考案された。STEPエクササイズがその代表である。

米国ではエアロビクスダンスの人気が下火となったが、日本では根強い人気がある。

■概要
音楽に乗って、いろいろなステップを踏む(すなわち下肢を動かす)のが基本である。一般には1、2名のインストラクターのリードに従い複数の参加者が運動する形式で行う。この形式はグループエクササイズと呼ばれ、1回のグループエクササイズをクラスという。エアロビクスダンスのクラスの運動強度や時間は対象者や目的によりさまざまに設定される。例えば初心者向けのクラスでは運動強度は低く、時間は短め(通常30分間程度)であり、熟練者向けのクラスでは運動強度は高く、時間は長め(60〜90分間程度)である。

エアロビクスダンスでは下肢を動かし続けるため、障害防止のために弾力のある床の上で行われる。多くの場合はスタジオと呼ばれる場所で行われる。

出展:Wikipediaより

エアロビクスに関する「のうはう!」記事(新着順)

美容のための身心健康法

投稿日:2012年02月02日|投稿者:tomatoさん|コメント数(1)

美容に大敵なのがストレス。ここでは、ストレスの改善法として自律訓練法をご紹介します。 手順 静かな部屋に入り、ベッドに仰向けに寝ます。または、椅子にゆったりと座ります。 軽く目を閉じ、体の力を抜きましょう。 心の中で言葉… »続きを読む