竹工芸に関する「のうはう!」

ここは「竹工芸」に関する記事を集めたカテゴリーです。

竹工芸とは?

竹細工(たけざいく)とは竹を加工したり、竹ひごを編み込んで細工物を作ること。または、日用品・農具・漁労具などの荒物、茶道具などの工芸品、竹とんぼや水鉄砲といった玩具の中で、竹を素材とした細工物のことを指す。

竹ひごの編み込み方・編組の種類には、基本となる六つ目編み、四つ目編み、ござ目編み、網代編み、さらには、異なる太さのひごを駆使した波網代や、麻の葉編み、松葉編み、やたら編みといった装飾的な特徴を高めたものなど、用途に応じて様々なパターンがある。

素材となる竹にはマダケが最も多く利用されており、伐採したままの青竹、火であぶったり(乾式)、苛性ソーダで煮沸したり(湿式)して油抜きをした晒し竹、ある程度炭化させた炭化竹、伐採後数ヶ月から数年間自然に枯らしたもの、家屋の屋根裏で数十年間囲炉裏や竈の煙で燻された煤竹と、種々の素材が流通する。これらは弾力性、硬さ、耐久性などが異なり、利用目的によって使い分けられる。 青竹は容易に入手できるが、耐久性に問題があり、晒し竹や炭化竹に加工する事でその問題点は改善する。 煤竹は独特の色(煤竹色)をしており、硬く、耐久性に富むが、入手は困難である。 マダケについでモウソウチクも多いが、もっぱら青竹での利用となる。

別府竹細工や日田の竹箸などの竹工芸の盛んな大分県は、マダケの面積、生産量とも全国一のシェアを占めており、竹材業者も多く加工された素材も入手し易い。

出展:wikipediaより

竹工芸に関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「竹工芸」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「竹工芸」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?