ガラス工芸に関する「のうはう!」

ここは「ガラス工芸」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ガラス工芸とは?

日用品、骨董・アンティーク、美術品・工芸品、現代アートまで、非常に広い範囲の創作表現方法、創作物を含む。

「ガラス工芸」は、制作工法・素材・年代・地域・素材・メーカーなどに多岐の分類が可能。 その歴史は、紀元前以来のガラスの歴史に遡る。

ガラスが熱く、やわらかい状態で加工する「ホットワーク」と、冷めた固体の状態で加工する「コールドワーク」に分けられる。

・ホットワーク(ホットテクニック)
吹きガラス(グラスブローイング)
ホットキャスト
バーナーワーク(ランプワーク、フレームワーク)

・コールドワーク(コールドテクニック)
カットグラス(切子。日本では薩摩切子や江戸切子が著名)
サンドブラスト
ガラスエッチング
グラヴィール(エングレービング)
ラミネート
ダイヤモンドポイント
プリント
ステンドグラス
キルンワーク
パート・ド・ヴェール
キルンキャスト
スランピング
フュージングガラス

出展:wikipediaより

ガラス工芸に関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「ガラス工芸」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「ガラス工芸」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?