ギラヴァンツ北九州に関する「のうはう!」

ここは「ギラヴァンツ北九州」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ギラヴァンツ北九州とは?

ギラヴァンツ北九州(ギラヴァンツきたきゅうしゅう、Giravanz Kitakyushu)は、日本の福岡県北九州市をホームとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟のプロサッカークラブ。

1947年に創部された三菱化成黒崎サッカー部が前身となり、2010年にロアッソ熊本に次ぐ九州地区で5番目のJリーグ加盟クラブとなった。ホームタウンは福岡県北九州市。ホームスタジアムは北九州市立本城陸上競技場である。

運営法人は2008年10月10日までは特定非営利活動法人北九州フットボールクラブ(以下「北九州FC」)であったが、Jリーグ加盟を目指すため、新たに株式会社ニューウェーブ北九州を設立した(2011年2月に株式会社ギラヴァンツ北九州へ商号を変更)。練習場は門司区新門司北の新門司球技場であるが、新門司球技場は「北九州FC」が球技場を含めた北九州市立新門司体育施設全体の指定管理者に指定されているため、優先的な使用が可能である。また、ホームスタジアムの北九州市立本城陸上競技場に隣接する本城運動場も練習場である(改修工事に伴って2011年7月まで利用不可)。

下部組織としてU-18チーム、ユース年代の女子チームであるガールズ、そしてシニアチームが存在する。U-18チームはJリーグの要求条件に従い分離後の株式会社傘下であるが、ガールズとシニアチームは引き続き「北九州FC」としてNPO法人が運営する。

チームマスコットは、ズグロカモメをモチーフとしたもので、2009年まで愛称はウェービー(Wavy)であったが、クラブ名の変更に合わせて2010年からギラン(Giran)へ変更された。

元々のチーム名称は「ニューウェーブ北九州」であったが、商標登録の関係で商品の製作、販売などに支障を来たすという理由から、公募によって10月2日にイタリア語で“ひまわり”という意味の「Girasole」と“前進する”という意味の「Avanzare」を組合せた造語「ギラヴァンツ北九州」(Giravanz Kitakyushu)とすることを発表し、12月1日より改称された。なお、7月23日に商標登録を出願した。

また、若手育成を目的として発足した九州チャレンジャーズリーグにも2009年の発足当初より参加している。

出展:wikipediaより

ギラヴァンツ北九州に関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「ギラヴァンツ北九州」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「ギラヴァンツ北九州」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?