カターレ富山に関する「のうはう!」

ここは「カターレ富山」に関する記事を集めたカテゴリーです。

カターレ富山とは?

カターレ富山(カターレとやま、Kataller Toyama)は日本の富山市を中心とする富山県全県にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

富山県からの日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)参入を目指すため、2007年当時日本フットボールリーグ(JFL)所属の地元クラブであるアローズ北陸(北陸電力サッカー部)とYKK APサッカー部が富山県サッカー協会の要請で統合し誕生したクラブである[1]。2008年2月にJリーグ準加盟が承認され、2009年にJリーグへ加盟した。

名称のカターレは、愛するチームを共に「語れ」、「歌え」(イタリア語で「カンターレ」”cantare”)、「勝たれ」(富山の方言で「勝て」)という意味が込められている。また、頂点を目指してサポーターと肩(カタ)を組んで共に「行こう」(フランス語で「アレ」”aller”)というチームの姿勢を表している。

チームエンブレムには立山連峰、富山湾、富山県の県花チューリップがあしらわれている。クラブマスコットは「ライカくん」で、デザインは富山県の県鳥である「ライチョウ」と県獣の「ニホンカモシカ」を合わせたものである。

ホームスタジアムは富山県総合運動公園陸上競技場である。当該スタジアムは既にJリーグが要求するスタジアムスペックを満たしており、Jリーグ公式戦でも使用実績がある。

運営会社は株式会社カターレ富山で、統合前2チームの親会社である北陸電力とYKKを含めた地元資本32社の出資によって設立されている(→ 株主一覧)。初代社長には地元に本社を置くインテック会長の中尾哲雄が就任した。

出展:wikipediaより

カターレ富山に関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「カターレ富山」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「カターレ富山」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?