川崎フロンターレに関する「のうはう!」

ここは「川崎フロンターレ」に関する記事を集めたカテゴリーです。

川崎フロンターレとは?

川崎フロンターレ(かわさきフロンターレ、Kawasaki Frontale)は、日本の神奈川県川崎市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するサッカークラブ。

1955年に富士通サッカー部として創部。1997年にJリーグへ準会員加盟し、1999年にJリーグへ加盟した。ホームタウンは神奈川県川崎市。ホームスタジアムは中原区の等々力陸上競技場。練習は同市内麻生区の川崎フロンターレ麻生グラウンドを使用する。

チーム名の「フロンターレ (Frontale)」はイタリア語で「正面の、前飾り」を意味し、常に最前線で挑戦し続けるフロンティアスピリッツ、正面から正々堂々と戦う姿勢を表している。ちなみに富士通にはアメリカンフットボールチームの富士通フロンティアーズ(Xリーグ所属。1985年創設・チーム名制定)、女子バスケットボールの富士通レッドウェーブ(Wリーグ・1985年創部)、富士通カワサキレッドスピリッツ(V・チャレンジリーグ男子)があり、すべて川崎市を本拠地としている。

富士通川崎サッカー部は1996年にプロ化を推進するにあたり、Jリーグの理念に沿った地域社会との共生を目指すことを大テーマに掲げた。選手には「プロだから」という特別な意識・扱いをせず、地元川崎市の各行政区でのサッカースクール(学校巡回スクール含む)の実施といったサッカーに関わることだけでなく、地域の市民・区民まつりへの参加、市内各商店街等の行事への選手らの派遣(お年始など)、また地元商店街加盟店舗などの協賛によるマン・オブ・ザ・マッチの表彰制度「あんたが大賞」、週末のホームゲームでのサイン会等を積極的に行うように務めた。特に、クリスマスシーズンに行われる入院児への訪問活動「青いサンタクロース」は毎年恒例の奉仕活動として定着しており、社会的な評価も高い。なお、フロンターレでは地域密着活動への参加については選手との契約条件に盛り込まれていると言われている。

一方、ホームタウンである川崎市も、「プロスポーツの根付かない街」の汚名を返上し、市民意識の一体化を進める目的で、このようなクラブの働きかけに呼応すべく2004年9月に「川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナー」を制定。フロンターレはこの創設メンバーとして認定を受け、これに基づく活動を推進していくことになった。また、その中で、川崎市は他の地元企業・団体、またサポーター持株会と共に、運営会社(当時の富士通川崎スポーツマネジメント)の株式の一部を取得した。

2006年はクラブ創立10周年に当たり、記念行事を通じてより一層の地域密着を図ろうとした。その一つとして、川崎市商店街連合会を通じ、市内の全商店街の街灯にチームの応援タペストリー(ふろん太のデザイン)を配布し、川崎市民全体へのアピールと地元からの支援体制強化を図っている。2006年1月の時点では、タペストリー掲示を了解したのが加盟全139団体(商店街以外を含む)中68団体と紹介されている。

出展:wikipediaより

川崎フロンターレに関する「のうはう!」記事(新着順)

[Seating chart: Todoroki athletics stadium Kawasaki City, Kanagawa Prefecture

投稿日:2011年08月28日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Todoroki athletics stadium seating provides. So strength Athletics Hall seating chart ※ To zoom in, hold down … »続きを読む

【座席表】等々力陸上競技場(神奈川県川崎市)

投稿日:2011年05月31日|投稿者:furubullさん|コメント数(3)

等々力陸上競技場の座席表を紹介します。 等々力陸上競技場 座席図 ※拡大表示にして、マウスの左ボタンを押しながらスクロールすると座席詳細がご覧になれます。 http://image.pia.jp/hallmap/S041… »続きを読む

川崎フロンターレに関連するニュース

川崎フロンターレに関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

川崎フロンターレに関連する動画

  • 該当する動画はございません