モンテディオ山形に関する「のうはう!」

ここは「モンテディオ山形」に関する記事を集めたカテゴリーです。

モンテディオ山形とは?

モンテディオ山形(モンテディオやまがた、Montedio Yamagata)は、日本の山形市、天童市、鶴岡市を中心とする山形県全県にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

1984年に創部された山形日本電気サッカー同好会が前身となり、1999年よりJリーグへ加盟している。なお、モンテディオ山形への名称変更は1996年であるが、「モンテディオ」とはイタリア語の「モンテ (Monte)」(山)と「ディオ (Dio)」(神)を合わせた造語で「神の山」を意味する。ホームタウンは山形市、天童市、鶴岡市を中心とする山形県全県。

ホームスタジアムはNDソフトスタジアム山形。この他、以前は山形市陸上競技場や鶴岡市小真木原公園陸上競技場でも公式戦を開催し、山形市陸上競技場は練習場として現在でも使用している。他に山形県総合運動公園球技場、補助競技場なども練習に使用している。更に1994年のジャパンフットボールリーグ(旧JFL)昇格時にはそれらにナイター照明設備がなかった関係で、ナイター設備がある山形県野球場で公式戦を開催した例もある。

加入当時は北海道・東北地方において唯一の旧JFL加盟クラブだった。

運営法人は社団法人山形県スポーツ振興21世紀協会。他のJリーグチームの運営法人が全て株式会社なのに対して、唯一の社団法人による運営法人である。年会費は法人向けとして正会員が50万円、賛助会員が5万円。かつては個人向けとして後援会員が1万円で、2008年からは後援会員制度を廃止しファンクラブ制に移行。会費は年額6000円、特典としてファンマガジン「Rush」が毎月送られてくる。なお、後期からの入会については3000円となっている。 2009年のファンクラブ会費は3000円である。「Rush」の定期購読は選択制となった。

■公式マスコット

ディーオ:カモシカをモチーフとしたマスコット。
     角を3本持ちスピードや力強さ、賢さを表現している。
     原案制作者は大阪芸術大学の薬師寺賢志郎。

モンテス:岩石をモチーフとしたマスコット。頭部の3つの突起が出羽三山を表現して
     おり、ユーモラスなキャラクターに仕上がっている。原案制作者は不明。

出展:wikipediaより

モンテディオ山形に関する「のうはう!」記事(新着順)

[Seating chart] ND soft Stadium Yamagata General exercise Park athletics stadium Yamagata Prefecture

投稿日:2011年06月23日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Introducing the (Yamagata Prefecture General exercise Park Athletics Hall) ND soft stadium seating chart. [ND … »続きを読む

【座席表】NDソフトスタジアム 山形総合運動公園陸上競技場(山形県)

投稿日:2011年05月09日|投稿者:furubullさん|コメント数(2)

NDソフトスタジアム(山形県総合運動公園陸上競技場)の座席表を紹介します。                          【NDソフトスタジアム 座席案内】   ※拡大ボタンを押して各ブロックの座席詳細が確認できます… »続きを読む