ザスパ草津に関する「のうはう!」

ここは「ザスパ草津」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ザスパ草津とは?

ザスパ草津(-くさつ、Thespa Kusatsu)は、日本の群馬県草津町、前橋市を中心とする群馬県全県をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ

当初ホームタウンは草津町のみであったが、同町にJFLやJリーグを開催できる規格のスタジアムがないため、2005年のJリーグ加盟時から「草津町、前橋市を中心とする群馬県全県」と改めた。これによりメインの本拠地は群馬県立敷島公園県営陸上競技場(正田醤油スタジアム群馬)となったが、2005年前半はスタジアム全面改修で使用できなかったため隣接する敷島公園サッカー・ラグビー場を暫定本拠地とした(同スタジアムは収容人員が7000人しかないのと、照明塔もないなどJ1・J2基準を満たしていないため本来は開催不可だが、バックスタンドに仮設座席を設けて特例での開催)。

クラブ設立から3年間でJリーグ加盟までこぎ着けたそのスピード、温泉地での町おこしというコンセプト、労働力と運営資金というバーター取引を築いた地域企業との関係、マスコミでの露出を高めて群馬県外の企業を多くスポンサーに付けた宣伝力など、日本のスポーツクラブとしては特徴的な運営スタイルを持つ。

その一方、急速な成長に対しユースチームなどの下部組織の充実が追いつかず、草津町内でのJリーグ規格スタジアム建設が未決定など、1部昇格を目指すための資金力強化以外にも問題点も抱えている。高校生年代のU-18(ユース)チームは2006年4月発足し、他のJリーグクラブとの対戦では苦戦を続けているが、今後のトップチーム選手の輩出などが期待されている。草津町では2007年にチャレンジャーズチームが改組されたU-23チームが活動を続け、リエゾン時代の主将・監督を務めた木村直樹やコーチに転身した堺陽二などの指導を受け、トップチームとの二重登録を果たす選手も生まれている。

出展:wikipediaより

ザスパ草津に関する「のうはう!」記事(新着順)

【座席表】群馬県立敷島公園県営陸上競技場(正田醤油スタジアム群馬)

投稿日:2011年10月13日|投稿者:furubullさん|コメント数(1)

群馬県立敷島公園県営陸上競技場(正田醤油スタジアム群馬)の座席表を紹介します。 群馬県立敷島公園県営陸上競技場(正田醤油スタジアム群馬) 座席表 ●座席図 ※ザスパ草津公式サイトより http://www.thespa.… »続きを読む

[Seating chart: Gunma prefectural Shikishima prefectural Stadium Shoda soy Stadium Gunma

投稿日:2011年06月20日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Introducing the Gunma prefectural Shikishima prefectural Stadium (Shoda soy Stadium Gunma) seating. Gunma pref… »続きを読む