着付けに関する「のうはう!」

ここは「着付け」に関する記事を集めたカテゴリーです。

着付けとは?

和服を着用させること、または和服を着用することを、着付けという。着付けには履物を履くことも含まれる。現在では美容院で着付けをすることが多いため髪結いと着付けはセットで行われるが、髪結いは着付けの意味には含まれない。髪結いは着付けより前に行うことも、後に行うこともある。
着付けには、自分一人だけで行う方法と、他者に手伝ってもらいながら行う方法がある。和服を着ることを、和装ともいう。着付けをする人を、着付師と呼ぶ。女性の和服の着付けは難しくはないが、手順があるので慣れが必要である。そのため着付けの本があり、着付けを教えるための学校が全国に多数存在する。
着付けの学校では、女性用の和服の着付けを一般人に教える授業料と、着付けを手伝う手数料が、学校にとっての大きな収入源になっている。世界の中で、自国の民族服の着用の仕方を教えるための学校が全国に多数存在し、かつ着付けを教える人に資格を与えるという国は日本だけである。ただし、これらの着付け教室や着付け学校が生まれたのは戦後のことである。

■着付けの順番
・長襦袢
 肌着の上に長襦袢を着て衣紋を抜き、下締を2回巻いて結ばずに前で潜らせておく。
・着物
 手を通して両手で襟先を持ち、上前襟先が右腰骨の上にくるまで前を合せ、座礼(茶の湯など)の場合、襟先が後に回るくらい深く合せる。下帯は腰骨の上の辺に締め、右横で結び、手を入れて「おはしょり」を伸ばし、衣紋を作り、襟はあまり広げずばち襟ほどにして、下締を締める。身八ツ口から手を入れておはしょりを整えて伊達巻を巻く。
・帯
帯のかけの長さは前に回して左腰骨に来るくらいがよい。丸帯は縫目が外になるように二つ折りすれば模様が前に来る。帯揚は盛装では大きめがよく、羽織下では低い方がよい。若い人があまり低い帯揚はよくない。

・男性
 襦袢は襦袢で合わせて胴着を合わせて上下着を重ねて着る。 袴を履くならば角帯がよい。
・子供
 7、8歳以上の盛装は腰揚をせず、難しいがおはしょりをして腰揚のように見せる。付紐を上着と下着と一所につけておくと楽である。

出展:wikipediaより

着付けに関する「のうはう!」記事(新着順)

Japanese Style Wedding Custom

投稿日:2011年12月22日|投稿者:waterstoneさん|コメント数(2)

If you attend Japanese style wedding, there are things you should know before being there. Tips for Japanese W… »続きを読む

【kimono】Japanese Traditional Coloring (Kaga Yuzen)

投稿日:2011年12月22日|投稿者:waterstoneさん|コメント数(2)

Kaga Yuzen is one of the most traditional and beautiful coloring technique. If you are interested in the Japan… »続きを読む

【成人式】振袖をきれいに着るには

投稿日:2011年12月11日|投稿者:nekomaryさん|コメント数(1)

きちんとした着物を着るのは成人式がはじめて!という方も多いでしょう。 振袖は洋服とは違い、慣れないことがたくさん。 成人式の日に体験したことと、振袖をきれいに着こなすコツを紹介します。 振袖のときの歩き方 振袖で歩くとき… »続きを読む

男性和装のすすめ

投稿日:2011年10月17日|投稿者:yamazato1966さん|コメント数(1)

気軽に楽しめる男性和装は、リサイクル時代の服飾ルネッサンス。 江戸時代から和装は、衣料品の再利用が主流であった。 ネット時代のいまだからこそ、USED品の和装アイティムをネットで入手して男性和装を楽しもう! 手順 和服は… »続きを読む

Dramedy wear a kimono clean

投稿日:2011年08月15日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Adult first time wear neat clothes! And how many.Unlike kimono dress, unfamiliar to many. Introduce the tips w… »続きを読む

Encouraging male kimono

投稿日:2011年06月15日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Male kimono feel free to enjoy is the recycling clothing Renaissance. Reuse of clothing was a mainstream kimon… »続きを読む