日本舞踊に関する「のうはう!」

ここは「日本舞踊」に関する記事を集めたカテゴリーです。

日本舞踊とは?

日本舞踊(にほんぶよう)は、Japanese danceの和訳、つまり日本のダンスの総称である。そもそも舞踊とは、坪内逍遥と福地源一郎による造語で、日本の伝統的なダンスである舞(まい)と踊(おどり)を合わせたもの。逍遥の『新楽劇論』(明治37年)で使われてから広く用いられるようになった。近年、日本舞踊の国際化に伴い欧米諸国やアジアにも Nihon Buyo という呼称が定着しつつある。

「舞踊」とは、明治のはじめに劇作家の坪内逍遥と福地桜痴が考案した翻訳造語の一つで、本来は英語の dance の和訳にあたる。

造語の種類としては「田畑」や「恋愛」と同じ複合語にあたり、日本語の「舞」(まひ)と「踊」(をどり)の二字を結合したもの。逍遥が自著『新楽劇論』(明治37年)でこの語を多用したことから読者を通じて一般に広まった。

やがて日本伝統の「舞踊」をダンスの翻訳語である「舞踊」と区別する必要性から、「日本の舞踊」という表現が用いられるようになり、これが定着して今日に至る。

日本の伝統的な舞踊は、舞い・踊り・振りの三種類に大別される。

■舞い
 荘重な歌や音楽に合わせて、摺り足や静かな動作で舞台を廻るもの。貴族的で、舞台芸能として長い歴史をもつ。

・宮廷の祭祀に奉納されるもの
  雅楽(ががく)
  舞楽(ぶがく)
・民間の祭礼において披露されるもの
  神楽(かぐら)
  田楽(でんがく)
・歌+舞の様式をとるもの
  猿楽(さるがく)
  白拍子(しらびょうし)
  延年(えんねん)
  曲舞(くせまい)
  幸若舞(こうわかまい)
・舞台演劇化したもの
  能楽(のうがく)

■踊り
 軽快な歌や音楽に合わせて、足を踏み鳴らして拍子を取りながら、動きのあるな手振り身振りでうねり回るもの。庶民的で、江戸時代になってから発達した。

・民衆の娯楽として発達したもの
  念仏踊り(ねんぶつおどり)
  盆踊り(ぼんおどり)
  阿波踊り(あわおどり)
  郡上踊り(ぐじょうおどり)
  西馬音内踊り(にしもないおどり)
  その他各地に多数

■振り
 歌や音楽に合わせて、日常的な動きやしぐさを舞踊として表現するもの。江戸時代に歌舞伎や人形浄瑠璃の発達にともなって派生した。

・屏風を立てた座敷で舞うもの
  上方舞(かみがたまい)
・舞台演劇化したもの
  歌舞伎舞踊(かぶきぶよう)
  浄瑠璃(じょうるり) 竹元・清元・常磐津を伴奏とし、物語性が濃い。
  所作事(しょさごと) 長唄を伴奏とし、むしろ動作の面白さの本質を見せる。

出展:wikipediaより

日本舞踊に関する「のうはう!」記事(新着順)

【座席表】磐田市民文化会館(静岡県)

投稿日:2011年09月01日|投稿者:furubullさん|コメント数(2)

磐田市民文化会館の座席表を紹介します。 磐田市民文化会館 座席表 ●ホール ※PDFファイル http://www.iwatabunka.info/syusai/shisetus/pdf/zasekihyou.pdf チ… »続きを読む

[Seating chart: Iwata City Culture Hall Shizuoka Prefecture

投稿日:2011年06月18日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Introducing the Iwata citizens culture Hall seating chart. Iwata City Culture Hall seating chart • Hall ※ PDF … »続きを読む

日本舞踊に関連するニュース

日本舞踊に関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

日本舞踊に関連する動画

  • 該当する動画はございません