日本祭りに関する「のうはう!」

ここは「日本祭り」に関する記事を集めたカテゴリーです。

日本祭りとは?

日本の祭礼は、神道系に分類されるものが多いが、民間信仰色の強いものも多く、道教や仏教など渡来の習俗の影響を受けているものも多い。

現在一般的な意味での祭は、神社や寺院をその主体または舞台として行われることが多い。その目的や意義は、豊作の「五穀豊穣」を始め、「大漁追福」、「商売繁盛」、「疫病退散」、「無病息災」、「家内安全」、「安寧長寿」、「夫婦円満」、「子孫繁栄」、「祖先崇拝」、「豊楽万民」、「天下泰平」などを招福祈願、厄除祈念として行われるもの、またはそれらの成就に感謝して行われるもの、節句などの年中行事が発展して行われているもの、偉人の霊を慰めるために行われるものなど様々である。その目的により開催時期や行事の内容は多種多様なものとなっている。また同じ目的、祭神の祭りであっても、祭祀の様式や趣向または伝統などが、地方・地域ごとに大きく異なる場合も多い。

祭の目的が時代の変化によって参加者達の利害とは離れてしまったものも多く、行事の内容も社会環境の変化等により変更を余儀なくされた祭もある。それらの結果、祭を行うことそのものが目的に成り代わっているような、目的から考えると形骸化した状況の祭も多い。このため、全くの部外者や、見物する者や参加する者という当事者にとっても「祭=楽しいイベント(お祭り騒ぎ)」という程度の認識しか持たれないことが多く、祭のために仕事を休むということは、例えば葬儀のためにということなどと比べると遥かに理解が得られにくい状況にある。

一般的に神社における祭礼には、神輿(神様の乗り物)をはじめとして山車・太鼓台・だんじりなどの屋台などが出されることが多く、これらは地方によって氏神の化身とみなされる場合や、または神輿を先導する露払いの役目を持って町内を練り歩き、それをもてなす意味で沿道では賑やかな催しが行われる。また、伝統などの違いにより例外もあるが、多くの祭りにおいては工夫を凝らした美しい衣装や化粧、厚化粧を施して稚児、巫女、手古舞、踊り子、祭囃子、行列等により氏子が祭礼に参加することも多い。今日では世俗化も進んでいるが、今なお祭の時は都市化によって人間関係の疎遠になった地域住民の心を一体化する作用がある。変わりない日常の中に非日常の空間を演出することによって、人々は意味を実感する営みを続けてきたのである。

基本的に神事としての祭りは厳粛な場面と賑やかな場面の二面性を持ち、厳粛な場面では人々は日常よりも厳しく、伝統や秩序を守ることを要求される。しかし一方で、日常では許されないような秩序や常識を超えた行為(ふんどし一丁、男性の女装等)も、「この祭礼の期間にだけは」伝統的に許されると認識する地方が多く、そのため賑やかな場面を指して「お祭り騒ぎ」などの言葉が派生している。

仏教の影響を受けた神仏習合の色が濃いものとしては土着の祖霊信仰や言霊の呪術性を帯びた念仏踊りを取り入れた盆踊りがあり、習合した盂蘭盆会に繋がる。また、神事から発達した田楽・猿楽などが能など後の日本中世伝統芸能を形作る素地となった。
祭りの呼称 [編集]

「祭」は様々な種類のものが各地で行われているため、ある地域で祭と言っても、どこのどの祭を指しているのか判断しにくい。このような場合、その祭が行われる地域名と、祭礼の行事の内容や、出し物の名前を指す名称を、組み合わせた名前で呼ばれることが多い。ただし、その祭の行われる地域の中では、正式な名称を短略化して呼ぶことも多く、時としては、行われる寺社などの名称に「(お)○○さん」または「(お)○○様」などの敬称・愛称をつけ、簡略化した祭りの通り名もある。

出展:wikipediaより

日本祭りに関する「のうはう!」記事(新着順)

秋田県のB級グルメは横手やきそば

投稿日:2011年12月22日|投稿者:kumigeさん|コメント数(1)

横手やきそばは、秋田県のB級グルメのおすすめです。 手順 秋田県の横手市の周辺では、横手やきそばというB級グルメが販売されていたり、 実際に食べられるお店があります。 味は、甘めのソース味でキャベツや豚のひき肉などの具が… »続きを読む

Festival recommendation of Akita Prefecture in Japan. (kantoumatsuri)

投稿日:2011年12月21日|投稿者:furubullさん|コメント数(2)

Let’s go to kantoumatsuri of Akita Prefecture. If summer comes every year, in Akita Prefecture, very fam… »続きを読む

【旅・旅行】山形県の代表的な観光地・テーマパークリスト

投稿日:2011年11月20日|投稿者:pacificさん|コメント数(1)

山形県の代表的な観光地やテーマパークの一覧です。 ・花笠祭  山形県の花笠祭は、東北四大祭りのひとつとなっていて、毎年8月5日~7日の3日間は、全国から多くの観光客が訪れて賑わいます。花笠を手にした数千人の踊り手が音楽に… »続きを読む

【旅・旅行】宮城県の代表的な観光地・テーマパークリスト

投稿日:2011年11月20日|投稿者:pacificさん|コメント数(1)

宮城県の代表的な観光地やテーマパークの一覧です。 ・仙台の七夕祭り  商店街などと連携した豪華な七夕祭りは夏の日本の風物詩と言っても過言ではないでしょう。中でも宮城県仙台市の七夕祭りは、青森ねぶた祭り、秋田竿灯祭りと並ぶ… »続きを読む

【旅・旅行】岩手県の代表的な観光地・テーマパークリスト

投稿日:2011年11月18日|投稿者:pacificさん|コメント数(1)

岩手県の代表的な観光地やテーマパークの一覧です。 ・鹿踊り  岩手を代表する詩人、宮沢賢治の故郷である花巻市では、毎年9月の花巻城跡にある鳥谷ヶ崎神社の祭日に、郷土芸能の鹿踊りや花巻ばやしが演じられます。ちなみに読みは「… »続きを読む

【旅・旅行】青森県の代表的な観光地・テーマパークリスト

投稿日:2011年11月18日|投稿者:pacificさん|コメント数(1)

青森県の代表的な観光地やテーマパークの一覧です。 ・青森ねぶた祭り  秋田竿灯や仙台七夕祭りと並んで、東北三大祭の一つとなっているお祭りです。弘前市のねぷたは扇形をした扇ねぷたなのに対  し、弘前市は人物をかたどった組ね… »続きを読む

【日本の文化・伝統 】男根信仰の奇祭 かなまら祭り

投稿日:2011年11月11日|投稿者:mononokさん|コメント数(2)

男根信仰の奇祭 かなまら祭りの紹介 かなまら祭りとは、金山神社(かなやまじんじゃ)神奈川県川崎市川崎区の 若宮八幡宮境内にある神社で毎年4月の第1日曜日に催される祭りで 江戸時代川崎宿の飯盛女達の願掛けに端を発しこの祭り… »続きを読む

【日本の文化・伝統】滋賀県 鍋冠祭

投稿日:2011年11月10日|投稿者:mononokさん|コメント数(2)

滋賀県米原市 筑摩神社の鍋冠祭の紹介。 筑摩神社の春の例祭で、数え年8つの少女8人が、狩衣姿に張子の鍋をかぶって 約300名の行列と共に渡御します。 その起因については諸説あり筑摩神社の祭神が食物の神であったことや 当地… »続きを読む

秋田の旅行は、竿灯祭りがおすすめです。

投稿日:2011年11月09日|投稿者:kumigeさん|コメント数(2)

秋田県の竿灯祭りへ行きましょう。 手順 毎年夏になりますと、秋田県ではとても有名な竿灯祭りが数日間開催されます。 竿灯を頭にのせたり、腰にのせたりしているかたの一生懸命な姿を見ながら、 夜は、夜空に輝く、たくさん並んだ竿… »続きを読む

【日本の文化・伝統】岡山・西大寺のはだか祭り

投稿日:2011年11月08日|投稿者:mononokさん|コメント数(2)

日本三大奇祭のひとつ、岡山・西大寺のはだか祭りの紹介。 日本三大奇祭のひとつ、岡山・西大寺のはだか祭りとは、裸祭りとして有名な西大寺会陽(さいだいじえよう)は、岡山市にある西大寺観音院で毎年2月の第3土曜日の夜に行われる… »続きを読む