アラビア語に関する「のうはう!」

ここは「アラビア語」に関する記事を集めたカテゴリーです。

アラビア語とは?

アラビア語 (اللغة العربية, UNGEGN式:al-lughatu l-ʻarabīyah, アッ=ルガトゥル=アラビーヤ)とは、おもに西アジア(中東)・北アフリカアラブ諸国で用いられ、世界の言語の中でも大変広い地域で話されている言語の一つ。また、国連の公用語においては、後から追加された唯一の言語である。

アフロ・アジア語族セム語派の一種である。日本語では亜語あるいは亜と表記される(中国語では阿)。ISO 639による言語コードは、2字が ar 、3字が ara で表される。イスラム教において、啓典クルアーンは神がアラビア語をもって人類に下したとされるため、公用語となっていない地域でも、アフリカから東南ヨーロッパインド東南アジアにかけてのイスラム世界では、知識人層の共通語として通用している。

「アラビア語」は、もともとアラビア半島で話されていたが、北アフリカやイラクシリア方面まで広がった。次の二つに大きく分類する。

* 文語フスハー正則アラビア語現代標準アラビア語 (MSA) とも。古典アラビア語を基盤とし、現代世界に対応する語彙語法を大きく加えたもの)
* 口語アーンミーヤ(各地の方言に分かれる)

フスハーはアラブ諸国の共通語であり、アラビア文字で書かれる。起源は西暦4世紀ごろのアラビア半島にさかのぼるといわれ、イスラーム文明の出現と拡大にともなって北アフリカにまで使用地域が広がり、現在まで言語として大きく変わらずに使われている。

イスラームの聖典であるクルアーンはアラビア語で書かれているが、これはムハンマドがいたヒジャーズ地方のアラビア語をかなり反映していると考えられる。クルアーンの記述によれば、イスラームを伝えるために神が選んだのがアラビア語だったことから、ムスリムはこれを「アッラーフの言葉」としてとらえている。

『マカーマート』<訳は平凡社東洋文庫全 3巻>のような古典に見られる書き言葉は、とくにオスマン帝国の時代に一時期衰退したが、話し言葉は続けて用いられていた。文語は近代になってより簡単なものとして練り直され、書籍・雑誌・新聞などの文章はもちろん、公的な場での会話やテレビニュースなどでも使われるようになった。

一方、現代語は国・地域によって異なる地域変種(ラハジャ)に分かれ、これには正字法が無い。日常会話はこの話し言葉で話されるが、私信などではこれを文字化して表現する。また、大衆向けの小説や演劇、詩歌は現代口語の諸変種で書かれる。 

湾岸方言、ヒジャーズ方言、イラク方言、シリア・レバノン方言、パレスチナ方言、エジプト方言スーダン方言、マグリブ方言などに大別され、それぞれの地域のなかでも違いがある。地域によっては、宗派ごとに話されるアラビア語に差異があるなどする。 また、生活形態によっても、地域を越えてそれぞれ共通の特徴がある。遊牧民方言、農村方言、都市方言の3つに分けられる。

現代アラブ世界での書き言葉と話し言葉の関係は、中世のカトリック教会地域におけるラテン語ロマンス諸語の関係に酷似している。後者が前者から派生し、多くの変種に分かれていること。前者が日常語としては死語であるが、公的な話し言葉、書き言葉として通用し、後者は基本的に書かれることはまれであることが、その理由である。

なお、エジプト方言、シリア・レバノン方言などはマスメディアで多用されるためアラブ世界各地で理解される一方、異なる地域同士の住民では方言での会話に支障が出ることもある。また、書き言葉が日常で話されることはほぼ皆無であり、読み書き・演説報道番組での使用に限定される。従って、非ネイティヴが現地でスムーズな日常会話を行うためには当地の話し言葉を習得する必要があり、読み書きも習得する場合には書き言葉と重ねて学習しなければならない。

出展:wikipediaより

アラビア語に関する「のうはう!」記事(新着順)

【語学】通勤時間を使って単語帳を勉強(満員電車対応)

投稿日:2011年12月14日|投稿者:iorinさん|コメント数(2)

通勤電車でも使える単語帳 通勤電車では新聞などもってのほか、単語帳を広げることもはばかられる場合も有ると思います。 おすすめなのがiPod Touch/iPhoneアプリの単語帳。これなら手を動かす必要もなく満員電車でも… »続きを読む

【旅・旅行】時差ボケの防止法と対処法

投稿日:2011年10月01日|投稿者:moguraさん|コメント数(2)

海外に旅行に行ったり仕事に行ったりしたときに、時差ぼけに苦しめられた経験はありませんか。時差ぼけになってしまうと、現地や帰国後の行動がどうしても制限され、行動的になれません。 私も海外に出張で行く機会が多く、以前はよく時… »続きを読む

いろいろな語学を学ぶ

投稿日:2011年09月23日|投稿者:pixyさん|コメント数(1)

その他語学は、難しさに差があるので、分かりやすいものを紹介します。 その他語学ということで、学校で習う第二外国語がそれにあたると思います。 各国、地域で使われる言葉が異なるのですが、難しさに差があるようです。 いきなり予… »続きを読む

外国語を学ぶ心構え

投稿日:2011年08月18日|投稿者:Lantanaさん|コメント数(1)

外国語を学ぶとき、どんなことを心掛けていますか? 私が心がけていることを紹介します。 興味をもったものを続けてやってみる わたしは英語以外の語学を2ヶ国語、独学で学んでいます。 とはいっても主婦ですから週1回1時間という… »続きを読む

[Language] studying vocabulary commute time packed trains compatible

投稿日:2011年08月09日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Commuter trains also use Word Book Even if you spread the word book also hesitant had commuter train, such as … »続きを読む

[Travel / travel] jet-lagged prevention and coping method

投稿日:2011年07月13日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

When you went to work or travel abroad, bias or no experience was suffering jet lag. Jet lag and become blurre… »続きを読む

Learn a different language

投稿日:2011年07月11日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Other difference difficulty is language, and provides a comprehensible. In the other language that, I and seco… »続きを読む

Prepared to learn a foreign language

投稿日:2011年06月20日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

When learning a foreign language, what can we do? Introducing the that I have in mind. It continued to those i… »続きを読む