日本泳法に関する「のうはう!」

ここは「日本泳法」に関する記事を集めたカテゴリーです。

日本泳法とは?

日本泳法(にほんえいほう)は古式泳法(こしきえいほう)とも呼ばれる、日本古来の泳ぎ方のことである。これらは明治以降の名称であり、通常は「水術」「水練」「踏水術」「游泳術」「泅水術」等が本来の名称である。

通常の泳ぎ方のみではなく、甲冑を着用しての着衣水泳というべき泳法や、水中での格闘技術や立ち泳ぎでの火縄銃の射撃などの武術としての水中での戦闘技術も含む(流派によっては操船術も含む)ものである。海や河で戦闘、あるいは身を守るための泳ぎで、かつては武士のたしなみとして重んじられた。

古武道と同じく、江戸時代に発展したものが多い。しかし江戸時代後期を中心に生じたものには実用性が必ずしも高くないものも少なくなく、一流派ですべての水勢に対して必要な泳法を備えるものはないとされ、1932年(昭和7年)、文部省の指示によって日本水上競技連盟(現・日本水泳連盟)は在来の泳法のうち重要なものを採択し、スピードを主とした競技泳法を加えて「標準泳法」とし、国民必修のものとした。それはクロール、背泳(せおよぎ)、平泳(ひらおよぎ)、伸泳(のしおよぎ)、片抜手(かたぬきて)、扇平泳(あおりひらおよぎ)、抜手(ぬきて)、立泳(たちおよぎ)、潜(もぐ)り、浮身(うきみ)、逆飛(さかとび)、立飛(たちとび)の12種、足の動作はばた足、扇足、蛙足、踏(ふみ)足の4種。現在、12の流派が日本水泳連盟により公認されている。

なお、技法にはシンクロナイズドスイミングと共通する技があり、日本にシンクロナイズドスイミングを導入したのもその共通性に注目した日本泳法の団体である。毎年春には全国各地で日本泳法研究会が、毎年夏には日本泳法大会が開催される。

現在では日本泳法を学ぶ場はほとんどが一般のプールであり、特別のイベントなどでない限り甲冑や褌等の伝統的スタイルで泳ぐことはない。男女とも普通の競泳用水着を着用する。日本泳法は決して「古い」泳法ではなく、現在でも有用・有益な泳法であり、古色を求めることに目的があるわけではない。

出展:wikipediaより

日本泳法に関する「のうはう!」記事(新着順)

【武道】ジンクスに気にするのも大事

投稿日:2011年11月10日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

武道を志すものがジンクスを気にするのは格好悪いと思っていませんか? そんなことはありません。誰だって心の支えが必要なときはあるのですから。 武道は精神論も重要です。どんな逆境でも戦うのは自分一人だけなのですから。 でも、… »続きを読む

【武道】弱くなる方法

投稿日:2011年11月05日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

強くなる方法ではなく弱くなる方法です。それはつまり、これらを知らず知らずのうちにでもやっていたら成長が止まってしまうということです。あなたは大丈夫ですか? 1.ためらい、疑いをもってしまう ためらいや疑いをもった攻めは動… »続きを読む

[Martial arts] to like Jinx it important.

投稿日:2011年07月16日|投稿者:axelworksさん|コメント数(1)

It shall aim at the martial arts to like Jinx will not want to look bad? It does not have. From when everyone … »続きを読む

[Martial arts] how to become weak

投稿日:2011年07月02日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Is weaker rather than stronger way. “In other words, growth stops if done unknowingly out in these it is… »続きを読む