ブラジリアン柔術に関する「のうはう!」

ここは「ブラジリアン柔術」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ブラジリアン柔術とは?

ブラジリアン柔術(ブラジリアンじゅうじゅつ、葡: Jiu-jitsu Brasileiro、略称BJJ)は格闘技、武術の一つである。グレイシー柔術とも。

ブラジルに移民した日本人柔道家・前田光世が自らのプロレスラーなどとの戦いから修得した技術や柔道の技術をエリオ・グレイシーやカーロス・グレイシーなどに伝え、彼らが改良してできた。ブラジルではリオデジャネイロを中心にサンパウロやクリチバなどで、長年にわたって盛んに行われている。

ブラジリアン柔術とは、護身術と格闘技という側面があるが、最初に前田光世から手ほどきを受けたエリオ・グレイシーは小柄でぜん息持ちであった。そんな彼でも自分の身を守り、体格が大きい相手や力のある相手でも勝てるように考え出されたのがグレイシー柔術すなわちブラジリアン柔術である。それらは、寝技の組み技主体であるが故の安全性の高さや、全くの素人からでも始められるハードルの低さから、競技人口が急速に増加している。

ブラジリアン柔術は「柔術競技」「バーリトゥード」「護身術」を3つの柱にしている。

1.稽古は「柔術競技」を中心に行われ、この競技において上達すると「バーリトゥード」で強くなるように考えられている。しかしながら、柔術競技は寝技の組み技が主体のため、安全性が高い着衣格闘技である。
2.「バーリトゥード」は原則着衣無しの『なんでもあり』の試合(総合格闘技)で、稽古では「柔術競技」との細かな技術的な違いを中心に教えられる。実際に技を掛け合う乱取り稽古は諸々の現代格闘技と同じくスパーリングと呼ばれる。
3.他の武術・格闘技では、実戦=バーリトゥード(何でもあり)、と考えがちだが、ブラジリアン柔術ではバーリトゥードと護身術を区別して捉えている。ただし、一部を除いて、日本のブラジリアン柔術の道場では、完全な競技柔術のみを教えているところもあり、護身術の稽古はほぼ全く行わない道場が多い。

出展:Wikipediaより

ブラジリアン柔術に関する「のうはう!」記事(新着順)

【武道】ジンクスに気にするのも大事

投稿日:2011年11月10日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

武道を志すものがジンクスを気にするのは格好悪いと思っていませんか? そんなことはありません。誰だって心の支えが必要なときはあるのですから。 武道は精神論も重要です。どんな逆境でも戦うのは自分一人だけなのですから。 でも、… »続きを読む

【武道】弱くなる方法

投稿日:2011年11月05日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(1)

強くなる方法ではなく弱くなる方法です。それはつまり、これらを知らず知らずのうちにでもやっていたら成長が止まってしまうということです。あなたは大丈夫ですか? 1.ためらい、疑いをもってしまう ためらいや疑いをもった攻めは動… »続きを読む

【武道】目を養うトレーニング法

投稿日:2011年11月05日|投稿者:hamunosukeさん|コメント数(2)

武道において強い身体を作るのは基本です。でも、それだけで技を磨き上げることはできません。体を鍛えるだけでなく、目を養うことも始めてみてはいかがでしょうか。 目を鍛えるというのは、二つの意味があります。 一つ目は見。相手の… »続きを読む

[Martial arts] nourish eyes training method

投稿日:2011年07月26日|投稿者:axelworksさん|コメント数(1)

Create a strong body in the martial arts is Basic. But you can’t spit and Polish to it alone. Without a … »続きを読む

[Martial arts] to like Jinx it important.

投稿日:2011年07月16日|投稿者:axelworksさん|コメント数(1)

It shall aim at the martial arts to like Jinx will not want to look bad? It does not have. From when everyone … »続きを読む

[Martial arts] how to become weak

投稿日:2011年07月02日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Is weaker rather than stronger way. “In other words, growth stops if done unknowingly out in these it is… »続きを読む