ボストン・レッドソックスに関する「のうはう!」

ここは「ボストン・レッドソックス」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ボストン・レッドソックスとは?

ボストン・レッドソックス(Boston Red Sox、略称:BOS)は、アメリカメジャーリーグ、アメリカンリーグ東地区所属のプロ野球チーム。本拠地はマサチューセッツ州ボストン市にあるフェンウェイ・パーク。

ユニフォームカラーは紺、赤、グレーで、ロゴデザインは赤い靴下1足である。ワールドシリーズで7回の優勝、アメリカンリーグで12回の優勝を誇る。典型的なビッグボール派のチームで、伝統的に長打力を前面に押し出した野球を志向する。

ア・リーグ屈指の名門チームだが、ベーブ・ルースに呪いをかけられたようだとして、いつしかベーブ・ルースの愛称「バンビーノ」から「バンビーノの呪い」(w:Curse of the Bambino)と呼ばれるようになった。86年もの長きに及んだこの「呪い」も2004年のワールドシリーズ制覇により解かれることとなった。2005年シーズン開幕戦、ヤンキースタジアムで「バンビーノの呪いは解けたのではなく、86年に一度しか優勝できなくなるものだ」と皮肉り、ヤンキースファンによって“2004+86=2090”(次の優勝は2090年以後だ)と書かれたプラカードが見受けられた。しかし、3年後の2007年にナ・リーグ優勝チームのコロラド・ロッキーズと対戦し、4連勝でワールドシリーズを制覇したことから、「バンビーノの呪い」が完全にとかれた事を証明する形となった。対するボストンはヤンキースが球界最高年俸のアレックス・ロドリゲスを擁してワールドシリーズを全く制覇できないことから「Aロッドの呪い」として揶揄する。(しかし2009年にワールドチャンピオンになり、ロドリゲス自身も大活躍した貢献により、この呪いが解けた。)

全米一熱狂的なファンをもつといわれ、同地区のニューヨーク・ヤンキースとは深い因縁がある。ベーブ・ルースの移籍以来、ア・リーグの盟主として君臨するヤンキースに対して、レッドソックスファンは強い敵愾心を持っている。2003年にラリー・ルキーノ球団社長がヤンキースを「悪の帝国」と呼んだことは有名である。

本拠地のフェンウェイパークは現在メジャーで使用されている球場では最も古い歴史をもつ。市街地の中心に建設されたため、球場自体はそれほど広くなく観客席も少ない。そのためレッドソックスの人気とあいまってチケットは入手困難な状況が続いており、特に対ヤンキース戦といった人気カードではプラチナチケットと化す。

出展:wikipediaより

ボストン・レッドソックスに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「ボストン・レッドソックス」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「ボストン・レッドソックス」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?