シカゴ・カブスに関する「のうはう!」

ここは「シカゴ・カブス」に関する記事を集めたカテゴリーです。

シカゴ・カブスとは?

シカゴ・カブス(Chicago Cubs、略称:CHC)は、アメリカMLB、ナショナルリーグ中地区所属のプロ野球チーム。本拠地はイリノイ州シカゴにあるリグレー・フィールド。正しくは「カブズ」であるが、日本ではカブスと表記、発音されることが多い。

アトランタ・ブレーブスと共に1871年創設の古い球団であり、創設以来本拠地を移転していないチームとしてはもっとも長い歴史を持つ。かつてはナショナル・リーグ優勝16回を誇る強豪チームだったが、1945年を最後にリーグ優勝は一度も無く、ワールドチャンピオンにいたっては1908年以来100年以上遠ざかっている。

2003年のフロリダ・マーリンズとのナショナルリーグ・チャンピオンシップ(NLCS)第6戦では、ワールドシリーズ進出まであとアウト5つまで迫りながら、ファウルボールを取ろうとしたファンの妨害が一因となり敗退した。これは、かつて山羊を連れて観戦しようとしたところ入場を拒否された「ビリー・ゴートの呪い」ではないかと言われている。

メジャーリーグでも屈指の人気チームで、同じくシカゴを本拠地とするシカゴ・ホワイトソックス(2005年のワールドチャンピオンチーム)を人気面では凌駕している。ホワイトソックスが市南部で人気があるのに対して、カブスは市北部での人気が高い。ナイトゲームの試合数が制限されるリグレー・フィールドをホーム・スタジアムとしながら安定した集客を誇っている。同地区のセントルイス・カージナルスとは熾烈なライバル関係にあり、イリノイ州内の地域によってはホワイトソックスと共に人気を三分している。

本拠地球場のリグレー・フィールドは、ボストン・レッドソックスのフェンウェイ・パークに次ぎ、全米で2番目に古いメジャーの球場として有名。外野フェンス全体を覆うツタが名物となっており、これは1937年に当時のオーナーであるビル・ベックが考案したものである。

出展:wikipediaより

シカゴ・カブスに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「シカゴ・カブス」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「シカゴ・カブス」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?