シカゴ・ホワイトソックスに関する「のうはう!」

ここは「シカゴ・ホワイトソックス」に関する記事を集めたカテゴリーです。

シカゴ・ホワイトソックスとは?

シカゴ・ホワイトソックス(Chicago White Sox、略称:CWS)は、アメリカMLB、アメリカンリーグ中地区所属のプロ野球チーム。本拠地はイリノイ州シカゴにあるUSセルラー・フィールド。通称「シャイソックス (CHISOX)」とも呼ばれる。

1901年のアメリカンリーグ創設当時から存在する老舗球団。ワールドシリーズ優勝3回、リーグ優勝6回、地区優勝5回を誇る。1919年の「ブラックソックス事件」以降、長くワールドチャンピオンから遠ざかっていたが、2005年に88年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。

同じシカゴに本拠地を置くカブスと比較されるが、人気面ではカブスに水を開けられている。カブスはシカゴ市北部(ノースサイド)、ホワイトソックスはシカゴ市南部(サウスサイド)での人気が特に高い。本拠地周辺がポーランド系アメリカ人が多い土地柄のため、ポーランド系アメリカ人選手を好んで獲得する傾向にある。

本拠地であるUSセルラー・フィールドが本塁打の出やすい球場であることから、それまでは長打に頼りがちであったが、2004年のオジー・ギーエン監督の就任以降、きめ細かい指示を出すスモールベースボールを標榜としたチーム方針に切り替えている。

日本人選手では、2004年から高津臣吾が加入し、シアトル・マリナーズのイチローやニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜らとの対決が注目された。ホワイトソックスは、高津をストッパーに起用し、高津もその期待に応えた。2005年には井口資仁が入団し、2番打者としてチームの88年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した。

1990年7月11日のミルウォーキー・ブルワーズ戦で、1917年当時の復刻ユニフォームを着用して対戦を行った。予想外に好評だった為、以降、他のチームもこれを採用し、毎年のように復刻ユニフォームでの試合が行われるようになった。最近では、日本プロ野球のチームも交流戦限定で復刻ユニフォームを採用している。

出展:wikipediaより

シカゴ・ホワイトソックスに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「シカゴ・ホワイトソックス」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「シカゴ・ホワイトソックス」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?