シンシナティ・レッズに関する「のうはう!」

ここは「シンシナティ・レッズ」に関する記事を集めたカテゴリーです。

シンシナティ・レッズとは?

シンシナティ・レッズ(Cincinnati Reds、略称:CIN)は、アメリカMLB、ナショナルリーグ中地区所属のプロ野球チーム。本拠地はオハイオ州シンシナティにあるグレート・アメリカン・ボール・パーク。

前身は全米最古のプロ野球チームであるシンシナティ・レッドストッキングス。その後1882年に創設し直されて現在に至る。創設してしばらくは優勝とは縁のないシーズンが続き、1919年のワールドシリーズで後に八百長が発覚するシカゴ・ホワイトソックスを破って初の世界一に輝いた。その後長い低迷期に入るが、1940年に2度目のワールドリーズ制覇を果たす。

チームの黄金期は1970年代。名将スパーキー・アンダーソンの下、ジョニー・ベンチ、ジョー・モーガン、ピート・ローズらが活躍、「ビッグレッドマシン(The Big Red Machine)」のニックネームで全米に旋風を巻き起こした。1970年代には1975年、1976年とワールドシリーズ2連覇、リーグ優勝4回、地区優勝6回を誇った。

1978年には日米野球で来日し、日本のファンに強烈な印象を残した。

1984年にはローズが選手兼任監督に就任するが、1989年に自身の野球賭博が発覚し、永久追放処分を受ける。その後1990年にはルー・ピネラ監督の下、ノーム・チャールトン、ロブ・ディブル、ランディ・マイヤーズら「ナスティ・ボーイズ(Nasty Boys)」の活躍で5度目のワールドチャンピオンに輝いた。

2000年にはケン・グリフィー・ジュニアが移籍。父親であるケン・グリフィー・シニアもレッズの一員として黄金時代を支えた選手であり、スーパースターでもあるジュニアの来訪に地元は歓迎一色に包まれた。しかしこの頃からチームも低迷、ジュニアも期待通りの活躍をみせることができず、2001年から2009年まで9年連続で負け越しのシーズンが続いていた。

出展:wikipediaより

シンシナティ・レッズに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「シンシナティ・レッズ」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「シンシナティ・レッズ」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?