クリーブランド・インディアンスに関する「のうはう!」

ここは「クリーブランド・インディアンス」に関する記事を集めたカテゴリーです。

クリーブランド・インディアンスとは?

クリーブランド・インディアンス(Cleveland Indians、略称:CLE)は、アメリカMLB、アメリカンリーグ中地区所属のプロ野球チーム。本拠地はオハイオ州クリーブランドにあるプログレッシブ・フィールド。通称「トライブ(Tribe)」(部族)とも呼ばれる。実際の英語の発音は「インディアンズ」だが、日本のメディアでは慣習的に「インディアンス」と表記される。

1901年創設。球団創設の頃はナップスと呼ばれ、名の通りナップ・ラジョイが中心となって活躍したチームだった。1915年にインディアンスと改名し、1920年と1948年にワールドシリーズ制覇を果たした。しかし、その後は長い低迷を続け、1954年のリーグ優勝を最後に1994年までワールドシリーズからは遠ざかった。そのため、1989年には映画『メジャーリーグ』のモデル球団になるなど、弱小チームの代名詞として知られた。

1990年代後半になるとマニー・ラミレス、ジム・トーミといったスター選手を擁し、1995年から1999年まで5年連続で地区優勝を果たすなど、黄金期を築いた。2000年以降、緊縮財政のため上記の主力選手が流失してしまい、厳しい戦いを強いられた。しかし、その主力選手と引き換えに得たグレイディ・サイズモア、トラビス・ハフナーといった有望新人を育て、2004年に地区3位、2005年に地区2位、2007年には地区1位と着実に力をつけている。

地元での人気はもちろんのこと、映画『メジャーリーグ』の大ヒットにより、メジャーでも知名度は高い。1995年6月12日から2001年4月4日まで、ホームゲームで455試合連続満員御礼という記録を作っている。これを記念して、455番がチームの永久欠番となった。なお、その後ボストン・レッドソックスが2008年9月8日、456試合連続満員御礼として記録を更新している。交流戦ではヤンキースとメッツのサブウェイ・シリーズのように、同じオハイオ州のシンシナティ・レッズとのカードが“オハイオ・シリーズ”と呼ばれ地元では人気を集めている。

本拠地であるプログレッシブ・フィールドは、2007年までジェイコブス・フィールドと呼ばれていたが、2008年に自動車保険会社のプログレッシブ社が、16年5800万ドルでネーミングライツを獲得したことでこの名前に変更した。クリーブランドの市街地にあり、タワーシティ・センターと呼ばれる電車やバスのターミナル(クリーブランド・ホプキンス空港からの電車もここに停まる)から徒歩圏内、途中にNBAクリーブランド・キャバリアーズの本拠地クイックン・ローンズ・アリーナがある。

出展:wikipediaより

クリーブランド・インディアンスに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「クリーブランド・インディアンス」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「クリーブランド・インディアンス」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?