コロラド・ロッキーズに関する「のうはう!」

ここは「コロラド・ロッキーズ」に関する記事を集めたカテゴリーです。

コロラド・ロッキーズとは?

コロラド・ロッキーズ(Colorado Rockies、略称:COL)は、アメリカMLB、ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はコロラド州デンバーにあるクアーズ・フィールド。チーム名はロッキー山脈から。

1991年に発足、1993年から参加で同年観客動員が4,483,350人でこれは大リーグ記録である。以降も、1998年まではメジャーでもトップの観客動員を記録し、2001年まではシーズン観客動員が300万人を超えるメジャー屈指の人気球団であった。1995年に現在の本拠地のクアーズ・フィールドが開場。同年には初のポストシーズン進出も成し遂げている。選手の総年俸は$4,400万でナショナルリーグ西地区では最低(2006年シーズン開始時)。

プロスポーツチームとしてはかなり異色の存在で、チームとしてキリスト教信仰を重視しており、ロッカールームやトレーニングルームからは俗世的な雑誌は排され、スポーツ雑誌等の他に聖書が置かれている。壁には聖書からの引用文などが掲げられ、日曜日にはチームで礼拝も行われる(任意参加)。

標高1600mと高地にあり、打球の飛びやすいクアーズ・フィールドを本拠地としているため、極端な打高投低のチームといえる。アンドレス・ガララーガ、ダンテ・ビシェット、ラリー・ウォーカー、ビニー・カスティーヤによる「ブレイク・ストリート・ボーイズ」、近年ではトッド・ヘルトンやマット・ホリデイといった強打者が名を連ねており、1993年以来、首位打者6回、本塁打王3回、打点王7回をロッキーズの選手が受賞している(2007年シーズン終了時点)。その反面、チーム防御率は毎年のように5点台を記録するなど散々な状況であり、未だ投手部門での主要タイトルの受賞者は一人もいない。

1995年以来、しばらくの間ポストシーズンから遠ざかっており、毎年のように最下位争いを続けた。最大の要因はなんといっても投手陣にあり、球団側も本拠地のクアーズ・フィールドではボールに加湿処理を施すなどしてボールを飛びにくくし、投手陣の負担を軽減しようと努力している。その効果もあってか近年はチーム防御率が改善しており、2006年、2007年には2年連続で4点台を記録している。

2007年10月、ナショナルリーグチャンピオンシップシリーズに進出、10月15日(現地時間)に地元デンバーにてアリゾナ・ダイヤモンドバックスにシリーズ4連勝でナショナルリーグを初制覇し、球団創設以来、初めてとなるワールドシリーズ進出を決めた。現制度下でのプレーオフの全勝優勝(7連勝)はこれが初めて。また、ポストシーズン7連勝は1976年のシンシナティ・レッズ以来31年ぶり。しかしワールドシリーズではボストン・レッドソックスに4連敗を喫した。

出展:wikipediaより

コロラド・ロッキーズに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「コロラド・ロッキーズ」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「コロラド・ロッキーズ」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?