カンザスシティ・ロイヤルズに関する「のうはう!」

ここは「カンザスシティ・ロイヤルズ」に関する記事を集めたカテゴリーです。

カンザスシティ・ロイヤルズとは?

カンザスシティ・ロイヤルズ(Kansas City Royals、略称:KC)は、アメリカMLB、アメリカンリーグ中地区所属のプロ野球チーム。本拠地はミズーリ州カンザスシティにあるカウフマン・スタジアム。

1969年から拡張球団としてシアトル・パイロッツ(現ミルウォーキー・ブルワーズ)とともにアメリカンリーグに参入。1年目は地区4位(6チーム中)に沈んだが、3年目となる1971年には勝率5割を達成。8年目の1976年には初の地区優勝を達成。その後、1980年代までは強豪チームの一角としての地位を確保。1976年からの10年間に7回プレーオフに出場、プレーオフを逃した年もすべて地区2位か3位(7チーム中)、とほぼ毎年優勝争いに加わった。

その間、1981年に来日し、ジョージ・ブレットの強打で日本のファンにも強い印象を残した。1985年には、セントルイス・カージナルスとのワールドシリーズで、1勝3敗の不利から逆転し、初のワールドチャンピオンに輝いた。パイロッツが1年目から大きくつまずき、1年でミルウォーキーに移転、その後も低迷を続けたのとは対照的に、安定した強さを誇り続けたため「拡張球団の理想」とされた。

ところが1990年代以降は、チームの象徴的存在であったブレットの引退に足並みを合わせるようにチームは下降線をたどってゆく。かつての栄光は見る影もなく、1996年にチーム史上初の最下位に沈み、2002年から2006年までの5年間で4度シーズン100敗を記録するなど、まさに暗黒時代を迎えている。しかしこうしたチーム状況を逆手にとって、有望な若手選手を育成し、積極的に起用している。ジョニー・デーモン、ジャーメイン・ダイ、カルロス・ベルトランら数々の有名選手がこの球団から飛躍のきっかけをつかみ、他球団へと巣立っていった。

出展:wikipediaより

カンザスシティ・ロイヤルズに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「カンザスシティ・ロイヤルズ」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「カンザスシティ・ロイヤルズ」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?

カンザスシティ・ロイヤルズに関連するニュース

カンザスシティ・ロイヤルズに関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

カンザスシティ・ロイヤルズに関連する動画

  • 該当する動画はございません