ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムに関する「のうはう!」

ここは「ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムとは?

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム(Los Angeles Angels of Anaheim、略称:LAA)は、アメリカMLB、アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はカリフォルニア州アナハイムにあるエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム。近年はNHKをはじめ「エンジェルス」とも表記されている。

1961年のアメリカンリーグの球団拡張によって誕生した球団である。1979年に初の地区優勝。1982年と1986年にも地区優勝を遂げている。しかしいずれもプレーオフで敗れ、リーグ優勝はならなかった。2002年にワイルドカードを獲得し、そのまま勝ち上がって初のワールドチャンピオンに輝いた。2003年以降は大規模な補強を行い、2004年以降の6年に5度の地区優勝を果たすなど、リーグ屈指の強豪チームに成長した。

ウォルト・ディズニー社が経営に携わっていたことで知られる。そのため2002年のワールドシリーズ初制覇時の優勝パレードは、同じアナハイムにあるディズニーランドで行われた。

現在のオーナーはヒスパニックの実業家であるアルトゥーロ・モレノ。モレノはチケット、ビールの値下げ、家族向けの低価格帯グッズの販売などを展開し、ファン層の拡大にも力を注いだ。試合中はホーム球場であるエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムを歩き回り、ファンと積極的にコミュニケーションをとっている姿が見られる。その効果もあってか、2004年以降はレギュラーシーズンの平均観客動員数は4万人を超えるようになり、スタンドはチームカラーの赤に染まる。現在では、シーズン入場者数は330万人から340万人程度を推移しており、メジャーでも上位の人気を誇っている。チームの価値も上昇し、現在は2003年当時の買収額である約1億8000万ドルから約3億6800万ドルほどになったといわれる。

2005年から、広域的にも広告利益が期待できかつアナハイムを含むロサンゼルス地域に根ざした野球チームを目指すという観点から現在のチーム名である「ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム」に変更した。この名称変更に関して、地元ファンやアナハイム市は球団の態度に不快感を示すとともに、1996年に球団と市の間に交わされたアナハイムの名を明示的にチーム名に入れるとする契約に反するとして訴訟にまで発展した。後に球団側が勝訴し、現在では既にロサンゼルス・エンゼルスという名前が浸透している。

本拠地のエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムではラリー・モンキーと呼ばれる猿が人気を集めている。ラリー・モンキーとは直訳すると「逆転猿」という意味で、ラリー・モンキーが現れるのは6回以降でチームが負けているか、同点の時のみであり、ラリー・タイムと称してスコアボードの大画面にラリー・モンキーの跳ね回る姿が映し出される。2000年頃からこの猿が登場し、不思議とチームも逆転勝利を収めるようになったことから、ラリー・モンキーと名づけられ、現在では球場の名物として定着している。

出展:wikipediaより

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?