ニューヨーク・ヤンキースに関する「のうはう!」

ここは「ニューヨーク・ヤンキース」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ニューヨーク・ヤンキースとは?

ニューヨーク・ヤンキース(New York Yankees、略称:NYY)は、アメリカメジャーリーグ、アメリカンリーグ東地区所属のプロ野球チーム。本拠地はニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクスにあるヤンキー・スタジアム。

ワールドシリーズ制覇27回、出場40回を数えるメジャー屈指の名門球団である。この数字は各球団中、圧倒的なものであり、次位のセントルイス・カージナルスが、ワールドシリーズで10回の優勝しかしておらず、更に出場回数もロサンゼルス・ドジャースのワールドシリーズ18回出場を大きく引き離している。

北米地区のメジャースポーツの中で、ヤンキースと並ぶ成功を収めたといえるのは、スタンレー・カップで24回優勝したNHLのモントリオール・カナディアンズくらいのものである。2011年に世界有数の経済誌『フォーブス』が公表したスポーツチームの資産価値の格付けでは、ヤンキースは17億ドル(約1360億円)と算出されており、メジャーリーグでは第1位、アメリカ4大プロリーグではNFLのダラス・カウボーイズに次ぐ第2位である。

また、世界のホームラン王として知られるベーブ・ルースが所属したチームで、本拠地であるヤンキー・スタジアムはルースの建てた家と言われる。

規律が厳しい事でも知られており、長髪、無精ヒゲは厳禁(整えられた口ひげは認められている:例)ランディ・ジョンソン、デービッド・ウェルズなど)。そのため大変な高給で知られるマニー・ラミレス(ロサンゼルス・ドジャース)が2005年シーズン中にトレードを志願した際にもヤンキースは蚊帳の外だった。ジェイソン・ジアンビも2006年にレッドソックスから移籍したジョニー・デイモンもトレードマークの長髪と髭を剃った。

ベーブ・ルースから始まり、最近ではロジャー・クレメンスやジョニー・デイモンに至るまでボストン・レッドソックスとは選手を絡んだ因縁も深くライバル関係にあり、特に両チームのファン同士は犬猿の仲で知られ、ハリウッド映画『オーシャンズ12』(2004年)では喧嘩を始める口実として、『宇宙戦争』(2005年)では親子の不仲を表すネタとして使われているほどである。但し、ファン同士は犬猿の仲であるものの、選手同士では決して仲が悪いという訳ではない。試合前は、雑談や談笑をしている場面を見かけることが多々ある。

ヤンキー・スタジアムでの試合終了後はフランク・シナトラの「ニューヨーク・ニューヨーク」のレコードが放送されるのが恒例である。

球団歌は “Here Come the Yankees” (1967年)、作曲はボブ・バンディン及びルー・ストールマン。ただし球場で一番良くかかっている曲は前述の「ニューヨーク・ニューヨーク」である。

出展:wikipediaより

ニューヨーク・ヤンキースに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「ニューヨーク・ヤンキース」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「ニューヨーク・ヤンキース」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?

ニューヨーク・ヤンキースに関連するニュース

ニューヨーク・ヤンキースに関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

ニューヨーク・ヤンキースに関連する動画

  • 該当する動画はございません