タンパベイ・レイズに関する「のうはう!」

ここは「タンパベイ・レイズ」に関する記事を集めたカテゴリーです。

タンパベイ・レイズとは?

タンパベイ・レイズ(Tampa Bay Rays、略称:TB)は、アメリカメジャーリーグ、アメリカンリーグ東地区所属のプロ野球チーム。本拠地はフロリダ州セントピーターズバーグにあるトロピカーナ・フィールド。

球団創設は1998年。アリゾナ・ダイヤモンドバックスと共に、球団拡張(エクスパンション)の一環として「タンパベイ・デビルレイズ」として誕生した。この「デビルレイズ」という愛称は、フロリダ湾に多く棲息するイトマキエイに由来する。2008年に愛称から「Devil」の文字を取り、「タンパベイ・レイズ」と改称された。球団シンボルは、同じく「Ray」だが、これまで同様エイとともに光線も意味するものに変わった。

デビルレイズ時代の10年間の通算成績は645勝972敗(勝率.399)で、2004年の地区4位以外は球団創設からすべてのシーズンで地区最下位だった。勝ち越したシーズンすら一度もなく、シーズン70勝に達したのも2004年のみだった(同時期に創設されたダイヤモンドバックスは創設翌年に地区優勝を果たし、2001年にはワールドチャンピオンにも輝いている)。しかし2008年、球団創設11年目で初の地区優勝・リーグ優勝を達成し、ワールドシリーズにまで進出。アメリカ全土に「レイズ旋風」を巻き起こす大躍進を遂げた。

観客動員数はデビルレイズ時代の長期にわたる低迷により、2000年以降の観客動員総数、1試合平均観客数はともにアメリカンリーグの中でワーストを継続するなど、伸び悩んだ[1](これは本拠地近くのタンパでニューヨーク・ヤンキースが2月のスプリング・キャンプを行っているため、ヤンキースファンが多いことも影響しているといわれる)。しかしリーグ優勝を果たした2008年には観客動員数を大幅に伸ばしている(前年の140万人弱から180万人)。

デビルレイズ時代は「万年最下位」が幸いしてか、完全ウェーバー制をとるドラフト会議では毎年のように将来有望な若手選手を優先的に獲得することができた。そのため、カール・クロフォード、ロッコ・バルデッリ(2009年からボストン・レッドソックス)、B.J.アプトン、デルモン・ヤング(2008年からミネソタ・ツインズ)、エバン・ロンゴリア、デビッド・プライスといった有望選手を次々と上位指名し、いずれもチームの中軸として成長している。また他にもドラフト上位選手ながら、他球団では芽が出ず、出場機会を求めてレイズに移籍する選手も多い。反面、目先の選手補強にこだわり、将来有望な若手選手を他球団に放出、中堅クラスの選手や盛時を過ぎたベテラン選手を獲得するケースも少なくなかった。

出展:wikipediaより

タンパベイ・レイズに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「タンパベイ・レイズ」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「タンパベイ・レイズ」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?