ガンプラに関する「のうはう!」

ここは「ガンプラ」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ガンプラとは?

ガンプラは、アニメ作品の『機動戦士ガンダム』をはじめとする「ガンダムシリーズ」において、主に劇中に登場したモビルスーツモビルアーマー等と呼ばれるロボットや艦船を立体化したプラモデルのことで、「ガンダムのプラモデル」の略称。組み立て式プラモデルではないハイコンプロシリーズが「完成済みガンプラ」として宣伝されるなど、厳密な区別はされていない。

ガンプラの製造・発売元は、作品制作元のサンライズの親会社バンダイホビー事業部で、「ガンプラ」という言葉自体は、ガンダムシリーズの版権管理を手がける創通登録商標になっている。

ガンプラの種類

通常プラモデルはプラスチック用接着剤でパーツを接着し、塗料で塗装して組み立てるが、ガンプラは1988年以降、接着や塗装をしないで組み立てても、設定色に彩られた完成イメージになるよう設計されている。接着剤を用いずに組み立てられる「スナップフィット」や、色分け済みパーツ「いろプラ」などの採用で、プラモデルの組み立てに慣れていないユーザーや若年層への浸透を図り、古くからのファンにはMG等の高価格帯の製品を用意する販売戦略をとっている。高価格帯モデルにもスナップフィットは採用されており、接着剤や塗料などを利用してより高度な仕上げを行うことも可能。逆襲のシャア以降のシリーズでは、関節の一部にビスを使って固定する方式が採用された。塗装用として、各キットごとに必要な調色を施した「ガンダムカラー」や、低年齢層向けのペン型「ガンダムマーカー」といった塗料がGSIクレオスより発売されている。

ガンプラの主な縮尺は3つで、設定上の頭頂高が18.0mのガンダムの場合、以下のように換算される。

1/144……約12.5cm
1/100……約18cm
1/60……約30cm

このうち、最初に登場した1/144の縮尺は、第1弾のガンダムがパッケージ合わせて計算したら偶然にも国際スケールと合致していたため採用されたもの。『機動戦士ガンダム』当時のアニメモデルは、パッケージの大きさに合わせてスケールが前後し統一されていなかったが、スケールの統一はガンプラのヒットの要因の一つとなった。またこれらのサイズの分類にはその後それぞれ、HGUC、MG、PGシリーズという高価格バージョンも商品化されることとなった。

架空の存在であるモビルスーツには実物が存在しないため、縮尺またはシリーズごとに部分ごとのデザインの解釈が異なるケースがある。多くの種類のキットが発売されているRX-78-2 ガンダムの場合、通常発売されているキットだけでも

  • 旧キット(1/144、1/100、1/60、1/72メカニックモデル)
  • MSV(ガンダムフルアーマータイプとパーフェクトガンダムの増加装甲を未装着にしたもの)
  • HG(絶版)
  • MG(Ver1.0、Ver1.5、Ver.Ka、パーフェクトガンダムの素体、Ver.ONE YEAR WAR 0079、Ver2.0)
  • PG
  • FG
  • HGUC
  • HG Ver.G30th
  • メガサイズモデル
  • RG

といった種類があり、MG以降のモデルはそれぞれ細部のデザインが異なっている。もともとアニメ作画において、アニメーターはモビルスーツの関節をまるでゴムで出来た部品が柔軟に変形するようにデフォルメして描いていた。そのため、モデラーが名シーンのジオラマを作る際には、プラ板パテなどを用いて関節部をアニメの描写に合わせて改造しポーズの固定を行う。しかしプラモデルを動かして遊ぶ上でそうもいかない場合もあり、まして3DCGを用いたゲームソフトにモビルスーツが登場するようになると、ポリゴンモデル化したモビルスーツが「金属で出来た機械として」自然に動くようにしなければならない。こういった事情によって、RX-78-2 ガンダムなど初期の作品に登場したモビルスーツのデザインには、一体型だった腰パーツが6つに分割される等、大幅なアレンジが施されるようになっている。MGアッガイのように、イラストの中だけであったいわゆる「体育座り」を実現させるために、立った状態を一見しただけではわからない様々な仕掛けを関節部に隠しているものもある。

出展:wikipediaより

ガンプラに関する「のうはう!」記事(新着順)

プラモデル作成にあたって

投稿日:2012年03月08日|投稿者:satoruさん|コメント数(1)

主にガンダムの模型の作成についてです。 まず、本体を購入します。 次に袋を全て開封していきます。この時本体に傷などが付かないように優しく行います。 ハサミやカッターを使うと便利です。 次に、本体の切り取り方は、ペンチで部… »続きを読む

Inking technique for Gundam plastic models

投稿日:2011年12月21日|投稿者:waterstoneさん|コメント数(2)

Inking is a painting technique to make plastic models look fancy. The technique helps Plastic models to be mor… »続きを読む

【模型】継ぎ目消しの注意点

投稿日:2011年11月29日|投稿者:pixyさん|コメント数(1)

接着剤を使用した継ぎ目消しの際の注意点 プラスチック用接着剤(溶剤)を用いた継ぎ目消しには1点注意点が存在します。 まず、継ぎ目を消す方法ですが、張り合わせる部品に多めに接着剤を塗ります。 そして、溶けたプラスチックが接… »続きを読む

模型の楽しみ、買い合わせについて

投稿日:2011年11月13日|投稿者:satoruさん|コメント数(1)

模型の楽しみは買う時から始まっています。 そこで買う時から楽しむ方法を教えます。 始めに模型を買う時に家にある小物や、その他の模型をチェックしてきます。 その家にある組み合わせを考えて模型を買うのです。 もともと模型は作… »続きを読む

ラッカースプレーの上手な使い方

投稿日:2011年10月23日|投稿者:dainasiさん|コメント数(2)

スプレーラッカーは手頃で便利ですが意外と難しくペンキが垂れてしまいます。時間を割いて行うのだから綺麗に仕上げたいものですね。ちょっとしたコツで綺麗に塗れるコツがありますので参考にして下さい。 材料・必要なもの スプレーラ… »続きを読む

【ガンプラ】素ぐみでも見栄えを良くするお手軽な方法

投稿日:2011年10月06日|投稿者:martinさん|コメント数(2)

接着剤不要の最近のプラモでも、接着剤を使ってパーツを組むとよいです。 最近のガンプラは、接着剤が不必要なモデルばかりです。 一昔前は接着剤が必要で、自分で購入しなければなりませんでした。 そんな不要な接着剤ですが、パーツ… »続きを読む

【模型】ガンプラはシュチエーションが大事

投稿日:2011年09月30日|投稿者:furubullさん|コメント数(1)

ガンプラを作るときは、モビルスーツのみではなく、情景を想像してつくりましょう。 ガンプラは、もちろん、その本体を制作していくわけですが、 本編にあるようにその様々なシチュエーションでのイメージを元に製作するようにしたいも… »続きを読む

ガンプラ買うならどこでしょ?

投稿日:2011年09月18日|投稿者:martinさん|コメント数(2)

ガンプラをどこで買えばいいか。 ガンプラというと小さいものから大きいものなどがあります。 特にマスターグレード以上のガンプラを買うとなると値段もぐんと跳ね上がります。 やはりどこで買うのが一番良いかというとやっぱり地元で… »続きを読む

[Model kits: a quick way to look good even great series

投稿日:2011年08月28日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

And partners parts using adhesives adhesives without recent prah, but is good. Recent model kits is model glue… »続きを読む

About model kits painting

投稿日:2011年08月26日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

In coating parts become shadows still, only, model kits in recent years, is a lot of paint should do no such t… »続きを読む

ガンプラに関連するニュース

ガンプラに関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

ガンプラに関連する動画

  • 該当する動画はございません