マン島TTレースに関する「のうはう!」

ここは「マン島TTレース」に関する記事を集めたカテゴリーです。

マン島TTレースとは?

マン島TTレース(マンとうティーティーレース、英:The Isle of Man Tourist Trophy Race )は、1907年からイギリス王室属国のマン島(Isle of man)で開催されているモーターサイクル競技。競技は世界最古の議会で『青空議会』としても知られるマン島議会ティンワルドが制定した公道閉鎖令に基づき公道を閉鎖して行なわれる。

このレースは当初ツーリング・マシンと呼ばれる市販車と同じバイクのために開催され、そして、まもなくツーリスト・トロフィーとして知られるようになった[1]。

TT(Tourist Trophy – ツーリスト・トロフィー)レースという名称は、レースの形態が現在のように周回コースを使用して行われるようになるまで、ヨーロッパの都市と都市を結ぶ公道を使用して行う都市間長距離移動レースという形態であったため、”tourist”(旅行者ではなく「遠征するスポーツ選手」。マン島TTレースの場合は「ライダー」に相当)が長距離レースで優勝を目指して行われるレース、という意味合いを持つことに由来する[2](自転車競技のステージレースに相当) 。当初のマン島TTレースの目的は、市販車の改良であった。そのため、レースに出場するバイクは年々スポーツバイク化していった[3]。

1907年5月28日に第1回競技が開催され、15マイル1,470ヤードのセント・ジョン・”ショート・コース”をサドル、ペダル、マッドガード(泥よけ)をつけた公道仕様(ロードリーガル)のツーリング用モーターサイクルで10周した。

マチレスに乗ったチャーリー・コリエルが4時間8分8秒/平均時速38.21mph(約61km/h)で単気筒クラスと総合クラスで優勝。2気筒クラスはプジョーエンジンを載せたノートンでレム・フォウラーが4時間21分52秒/平均時速36.21mphでの優勝だった。授与されたトロフィーはマルキ・ド・モウジリ・サン・マルス(the Marquis de Mouzilly St. Mars )が寄贈したもので、その銀のフィギュアはオリンピックの神ヘルメスが羽の生えている車輪にまたがっているもの。このトロフィーは、マン島・ツーリスト・トロフィー・自動車レースの勝者に授与されるモンタギュー・トロフィーに似ている。『マルキ・ド・モウジリ・サン・マルス』トロフィーは現在年に一度開催されているマン島セニアTTモーターサイクルレースの勝者に授与されている。

出展:wikipediaより

マン島TTレースに関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「マン島TTレース」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「マン島TTレース」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?

マン島TTレースに関連するニュース

マン島TTレースに関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

マン島TTレースに関連する動画

  • 該当する動画はございません