鈴鹿8時間耐久ロードレースに関する「のうはう!」

ここは「鈴鹿8時間耐久ロードレース」に関する記事を集めたカテゴリーです。

鈴鹿8時間耐久ロードレースとは?

鈴鹿8時間耐久ロードレース(すずかはちじかんたいきゅうロードレース)は、毎年夏に鈴鹿サーキットで開催される日本最大のオートバイレース。通称「鈴鹿8耐」(すずかはちたい)、「8耐」(はちたい)。

名前の通りオートバイによる8時間の耐久レースで、1978年から開催されている。1980年からは世界耐久選手権レースの1戦として組み込まれ、折りしも1980年代から1990年代初頭における日本のバイク人口のピークと相まって大いに盛り上がった。その頃に比べ二輪車販売が大幅に減少した今もなおロードレース界における夏の風物詩として国内有数の集客を誇るモータースポーツイベントである。

1984年より日本コカ・コーラが冠スポンサーとなっている。

かつては世界を目指す若手ライダーの登竜門的な存在であった。ケビン・マギー、ケビン・シュワンツ、マイケル・ドゥーハンらは、鈴鹿8耐の活躍でWGPの切符をつかんだ。ワイン・ガードナーは、無名時代の1981年に初出場ながらポールポジションを獲得したことが名を知られるきっかけとなった(WGPデビューは1983年)。そうして成長を遂げた彼らの海外における活躍と相前後し、WGPを退いて間もないケニー・ロバーツと全日本の第一人者平忠彦によるコンビ結成(1985年)も大きな話題となり、以後国内4メーカーが威信を懸けてWGPやスーパーバイク世界選手権からトップライダーを送り込んだため、1980年代中盤~1990年代の8耐はさながら「レーシングライダー世界一決定戦」とも言うべき活況を呈していた。

近年は、MotoGP(旧・WGP)との日程重複やレース自体の過酷さによる消耗を嫌って海外ライダーの参戦が減少傾向にあるものの、レギュレーションの変更などによる運営上の試行錯誤や全日本選手権等を戦う日本人のエース級ライダーによって以前に勝るとも劣らない熾烈な戦いが繰り広げられている。

オートバイによる来客が多いことにちなみ、決勝前日には二輪車をメインとした市内パレードが催される。また、暴走族が数千台規模で集まり、警察が出動したこともあった。

1980年に世界選手権シリーズに昇格するまでの(1977年以前は6時間耐久)時代はレギュレーションが緩やかであったため、ホンダ・CBX1000やカワサキ・KZ1000からヤマハ・RD350までの市販車改造車と、ホンダ・RSやヤマハ・TZなどの純レーサーが、クラス分けもなく混走していた。その中で、500cc単気筒エンジンを搭載した40馬力ほどのプライベーター製車両が8位入賞(1978年)するなどの出来事もあった。TT-F1時代は前輪に片持ハブセンターステアのユニット、後輪に片持スイングアームユニットを持ちかつメインフレームが無いelfのような意欲的なマシンや、あえて軽量コンパクトさで勝負に挑んだホンダCBR600、トラストでチューンされたターボチャージャーを搭載するスズキGSX-R400、ヤマハのフレームを使用したBMW K75などプライベーターでは個性豊かなマシンが出場していた。

2007年には俳優の岩城滉一が大会の名誉顧問に就任している。

出展:wikipediaより

鈴鹿8時間耐久ロードレースに関する「のうはう!」記事(新着順)

ル・マン式スタート

投稿日:2011年07月07日|投稿者:furubullさん|コメント数(2)

レースのスタート方式の一つ。ル・マン耐久レースで行なわれていたことからこの名が付きました。 (1)コースにエンジンを切ったマシンを順(予選順などで)に並べ、その反対側の道路端でドライバーまたはライダーが待機。 (2)スタ… »続きを読む

Le Mans type start

投稿日:2011年06月24日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

One of the start method of the race. The name realized that had been done in the Le Mans Endurance race. (1) S… »続きを読む

鈴鹿8時間耐久ロードレースに関連するニュース

鈴鹿8時間耐久ロードレースに関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

鈴鹿8時間耐久ロードレースに関連する動画

  • 該当する動画はございません