スーパーバイク世界選手権に関する「のうはう!」

ここは「スーパーバイク世界選手権」に関する記事を集めたカテゴリーです。

スーパーバイク世界選手権とは?

スーパーバイク世界選手権(スーパーバイクせかいせんしゅけん、World Superbike Championship, 略称:WSB)とは、国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が主催する、4サイクルの2・3・4気筒エンジン搭載の市販車を改造したオートバイで競うレース。

スティーブ・マクラフリンが発案し、1988年より始まった。 レース専用に特化した車両ではなく、より選手の能力、技能で争われるように市販車のみで行われる。1大会2レース開催。予選グリッドのうちポールポジション以下16台分は、スーパーポールと呼ばれる予選上位16台による1台ずつの1周限定タイムアタックにより決定される。

出場できる車両は、一般車で150台以上販売された4サイクルの二輪車。当初は排気量が4気筒は750ccまで、2気筒が1,000ccまでとされていた。また改造範囲も厳しく制限されている。これは、より公平なレースを行うためである。排気量は2004年に4気筒2気筒車とも1,000ccまで、3気筒車は900ccと変更され、さらに2008年から、2気筒車の排気量の制限が1,200ccまでに変更された。このエンジンは約200馬力を発生し、大柄な車体を最高速度320km/hにまで到達させることができる。そのため操るライダーには相当の体力と集中力が要求される。

世界の主なオートバイメーカーがスーパースポーツカテゴリーの旗艦モデルを投入し、レースに参戦しながら技術を競い市販車にフィードバック、市場の拡大に繋げるために切磋琢磨している。2011年現在、ホンダ(CBR1000RR)、ヤマハ(YZF-R1)、スズキ(GSX-R1000)、カワサキ(ZX-10R)、ドゥカティ(1198R)、アプリリア(RSV4)、BMW(S1000RR)の各マシンが参戦している。

ライダーも世界各国のトップライダーが集い、上位ライダーはMotoGPへ参戦することもある。しかし、チャンピオンを獲得してもマシン特性の違いからMotoGPでは上位争いに加われないケースも多く、ライディングスタイルを変更するライダーも多い。

1988年より2003年まで、スポーツランドSUGOで日本大会が開催されていた。

日本人ライダーも優勝や表彰台はあるものの、2011年現在チャンピオンには手が届いていない。

スーパースポーツ世界選手権とスーパーストック1000FIMカップ(ヨーロッパラウンドのみ)、スーパーストック600ヨーロッパ選手権(ヨーロッパラウンドのみ)が併催されている。2003年まではサイドカー世界選手権も併催されていた。

2010年、全日本ロードレース選手権を撤退したヨシムラがスポットながら参戦を決定しており、2011年にはフル参戦も検討している。

出展:wikipediaより

スーパーバイク世界選手権に関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「スーパーバイク世界選手権」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「スーパーバイク世界選手権」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?

スーパーバイク世界選手権に関連するニュース

スーパーバイク世界選手権に関連する最新ニュースはこちらよりどうぞ。

  • 該当するニュースがございません。

スーパーバイク世界選手権に関連する動画

  • 該当する動画はございません