ポケットバイク(pocket bike)に関する「のうはう!」

ここは「ポケットバイク(pocket bike)」に関する記事を集めたカテゴリーです。

ポケットバイク(pocket bike)とは?

ポケットバイク(pocket bike)通称ポケバイとは、1970年代に日本で誕生したミニチュアサイズのオートバイのことである。「ポケットバイク」という名称は、最近は小さなバイクの総称のようになっているが、本来は規格サイズ内のものを指す。

当時の商標登録上は、4インチサイズのホイル・タイヤを装着し、ホイルベースは680mm以内のリジットフレーム構造のバイクを指したものであり、その定義に基づいてポケットバイクのレースが行われているが、現在は将来のステップアップを見据えてサイズが拡大された車体によるレースも行われている。

その小さな車体は子どもでも容易に扱うことができ、日本国内でキッズモータースポーツの入門カテゴリーとしてブームとなり全国で多くのポケットバイクレースが行われるようになり、やがてその中からロードレースのワールドチャンピオン等が多く誕生した。ポケットバイク出身のGPライダーとしては、青木宣篤・青木拓磨・青木治親(青木三兄弟)、青山周平・青山博一(青山兄弟)、宇川徹、加藤大治郎、小山知良、高橋裕紀、中野真矢、原田哲也、松戸直樹等が有名である。これにより近年はヨーロッパやアメリカなど世界にも広がった。

なおポケットバイクは道路運送車両法の保安基準を充たしていないことや、低位置での走行により他の車両の死角となりやすく危険な為、公道上での使用は禁じられており、サーキット等の限られたエリアでのみ使用可能となっている。

出展:wikipediaより

ポケットバイク(pocket bike)に関する「のうはう!」記事(新着順)

残念ながら、「ポケットバイク(pocket bike)」に関連する投稿はありませんでした。
現在、「のうはう!」では「ポケットバイク(pocket bike)」に関する記事を募集しています。
アナタがこのカテゴリーでいちばん最初の記事を書いてみませんか?