アメリカ映画に関する「のうはう!」

ここは「アメリカ映画」に関する記事を集めたカテゴリーです。

アメリカ映画とは?

アメリカ合衆国の映画とは、主にアメリカ合衆国の人々や映画会社によって製作された映画のこと。専らハリウッド映画という意味で使われる場合が多いが、正確にはアメリカ映画の中にはハリウッドの映画会社によるメジャーな映画以外にもインデペンデント映画などの小規模な会社が製作した映画も数多く存在する。アメリカ映画は年間製作本数の面でも1本の製作費の面でも世界で最も大きな規模を誇る。また、国際性の豊かさも大きな特徴である。アメリカ映画に関わるフィルムメーカー、俳優はアメリカ国籍とは限らず、世界各国から渡米した人々が多い。

近年では製作費や役者のギャラが高騰し、一時期のような超大作は作りづらくなっている。収益の見込めるスタッフによる大作、過去作のリメイクや続編、他国の映画のリメイクに加え、比較的経費が少ないドキュメンタリー映画などに頼らざるを得ないのが現状である。またコスト削減を目的に、カナダオーストラリアヨーロッパなどアメリカ国外で撮影される場合が少なくない。

出展:wikipediaより

アメリカ映画に関する「のうはう!」記事(新着順)

【映画】 【ウエストワールド】の謎…?マイケル・クライトン

投稿日:2011年12月24日|投稿者:uddhi-beruさん|コメント数(2)

作家のマイケル・クライトンが亡くなってから大分たちますが、彼の小説、映画はいまだに有名です。そんな彼の初監督作品がこの映画でした。主演はユル・ブリンナー。 どんな作品で彼の名前を知っているかによってその人の性格や趣味、傾… »続きを読む

【映画】映画の試写会

投稿日:2011年12月21日|投稿者:iorinさん|コメント数(1)

映画の試写会の懸賞に当たるコツ 映画の試写会の懸賞告知を目にすることが多いと思いますが、どうせ当たらないから、と応募しない人も多いと思います。 映画の試写会は一回の試写会に参加できる人数が多く、以外と当選するんです。 当… »続きを読む

映画を見に行くのにお得な日

投稿日:2011年12月20日|投稿者:iorinさん|コメント数(2)

映画を見に行くのにお得な日があります。 映画を見に行くのにお得な日は以下のような日があります。 映画館によって違いますが、多くの映画館で共通だと思います。良く行く映画館のホームページを確認してみてください。 毎月1日:無… »続きを読む

【映画】ジョニー・デップが俳優になるきっかけ

投稿日:2011年12月14日|投稿者:mononokさん|コメント数(1)

ジョニー・デップが俳優になるきっかけの紹介 ジョニー・デップが20歳の時、メイクアップアーティストだったロリ・アン・アリソンと結婚(85年に離婚)。 プロのミュージシャンとしてロサンゼルスでキャリアをスタートしようとした… »続きを読む

【映画】『fuck』という台詞(セリフ)を使用する回数が多い映画

投稿日:2011年12月14日|投稿者:mononokさん|コメント数(2)

『fuck』という台詞を使用する回数が多い映画 『fuck』という台詞を使用する回数が多い映画は ドキュメンタリー映画「Fuck – a documentary on the word」 使用回数は824回で… »続きを読む

【映画】クリスチャン・ベールの役者魂 30キロ減量し、45キロ増量

投稿日:2011年12月12日|投稿者:mononokさん|コメント数(2)

クリスチャン・ベールの役者魂の紹介 『マシニスト』の1年間眠っていない主人公を演じるため クリスチャン・ベールは30キロ近く体重を落とした。 この作品の4ヶ月後に『バットマン ビギンズ』の撮影を控えていたため 過酷な筋ト… »続きを読む

【映画】『ターミナル』でトム・ハンクスが演じる主役が喋る母国語

投稿日:2011年12月12日|投稿者:mononokさん|コメント数(1)

『ターミナル』でトム・ハンクスが演じる主役が喋る母国語の紹介 この映画に出てくるクラコウジア共和国とは、架空の国であるので 本来ならば母国語などないはずであるが 主役を演じるトム・ハンクスが喋っていたクラコージア語は な… »続きを読む

【映画】デ・ニーロ・アプローチという言葉

投稿日:2011年12月10日|投稿者:mononokさん|コメント数(1)

デ・ニーロ・アプローチの紹介 映画「レイジング・ブル」(1980)での役作りで、俳優ロバート・デ・ニーロが主役のラモッタ役に リアリティを与えるため、デ・ニーロが数カ月の間に27kgも体重を増加させた事から これ以来、彼… »続きを読む

【映画】監督収入よりマーチャンダイジングを選んだ監督

投稿日:2011年12月08日|投稿者:mononokさん|コメント数(2)

映画『スター・ウォーズ』の監督ジョージ・ルーカスの話の紹介 スター・ウォーズ製作時、監督としての収入は、当時の日本円にして約5,000万円であった。 20世紀フォックスは、監督料の上乗せをしようとしたが、ルーカスはこれを… »続きを読む

【映画】製作費6000円!超低予算ゾンビ映画

投稿日:2011年12月06日|投稿者:mononokさん|コメント数(2)

製作費6000円!超低予算ゾンビ映画『コリン LOVE OF THE DEAD』の 紹介 監督のマーク・プライスが製作、脚本、撮影、編集を1人でこなし キャスト、スタッフは全てボランティアという本作。 6000円の費用の… »続きを読む