フランス映画に関する「のうはう!」

ここは「フランス映画」に関する記事を集めたカテゴリーです。

フランス映画とは?

フランス映画とは、フランスの資本と人材によって製作された映画のこと。

第二次世界大戦後:1940年代から1970年代まで

マルセル・カルネの監督した『天井桟敷の人々』は第二次世界大戦下の戦時中に撮影され、1946年に公開された。この3時間に渡る映画は、当時フランスがナチの支配下にあったため、製作が非常に難航した。1828年のパリを舞台にしたこの作品は、1990年代、600名の映画批評家映画製作者によって「これまでに作られた最も優れたフランス映画」に選ばれた。

また、1946年にはフランス政府がカンヌ国際映画祭を開催しはじめた。

1951年、アンドレ・バザンによって映画批評誌「カイエ・デュ・シネマ」が発行され、多くの若い批評家や愛好家たちグループらの議論の場となっていた。更に、批評の執筆者であった ジャック・リヴェットエリック・ロメールジャン=リュック・ゴダールフランソワ・トリュフォークロード・シャブロルなどは、映画の助監督の経験もないまま自分達で個人的に映画製作を始め話題になった。その動きは後にジャーナリズムによりヌーヴェル・ヴァーグ名付けられた。フランスのプロデューサーたちは、彼らの映画が制作費の安い割に話題になる事が気に入った。

当時の野心的な映画の潮流は大きく分けて、アラン・レネのような実験的映画作家出身のグループと、雑誌カイエ・デュ・シネマの若手批評家らの自主制作グループがあった。同じころ、映画業界から助監督出身の若手監督ロジェ・ヴァディムルイ・マルなどの商業映画のグループが斬新な感覚の作品で興行的に成功する。彼らはそれぞれ作風や立場も明らかに異なっていたが、ジャーナリズムは彼ら全てをひとまとめにし「ヌーヴェル・ヴァーグ」と呼んだ。

ヌーヴェル・ヴァーグの初期の作品としてジャン=ポール・ベルモンドジーン・セバーグら主演のゴダールの『勝手にしやがれ』(1960)、トリュフォーの『大人は判ってくれない』(1959)、シャブロルの『いとこ同士』(1959)がある。

1960年代の注目すべき作品にはジャック・ベッケルの『穴』(1960)、ルネ・クレマンの『太陽がいっぱい』(1960)、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞したアラン・レネの『去年マリエンバートで』(1961)、ジャック・ドゥミの『シェルブールの雨傘』(1963)、ロベール・アンリコの『冒険者たち』 (1967)などがある。

若い映画作家の台頭は、フランスだけに留まる現象ではなかった。ほとんど同時期に世界中にその影響を波及させ、若い世代の映画作家たちの活動が各国で次々に起こった。結果、1960年代は世界的に映画の変革期となった。

■1980年代

ジャン=ジャック・ベネックスが『ディーバ』(1981)を完成させたとき、80年代のフランス映画ブームが始まったと言える。ベネックスの『ベティ・ブルー』(1986)、リュック・ベッソンの『グラン・ブルー』(1988) 、レオス・カラックスの『ポンヌフの恋人』(1991)などがそれに続いた。

■1990年代

1991年、ジャン・ピエール・ジュネが『デリカテッセン』を監督、続いて1995年に『ロスト・チルドレン』を製作。双方ともファンタジー色の強い作品であった。

1990年代半ば、ポーランド出身のクシシュトフ・キェシロフスキが「トリコロール3部作」と名付けられた『トリコロール/青の愛』、『トリコロール/白の愛』、『トリコロール/赤の愛』を完成させた。

また、1995年には若手監督マチュー・カソヴィッツがフランスにおける人種問題を扱った作品『憎しみ』でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞。

■2000年以降

ハリウッドでしばらく活動したジュネは2001年にフランスに戻り、マチュー・カソヴィッツとオドレイ・トトゥ主演のファンタジー映画アメリ』を完成させ、この作品は日本でも大ヒットした。

2000年以降のヒット作にはマチュー・カソヴィッツの『クリムゾン・リバー』(2000)、ジェラール・クラヴジックのアクション・コメディTAXi2』(2000)、 コリーヌ・セローの『女はみんな生きている』(2001)、セドリック・クラピッシュの『スパニッシュ・アパートメント』(2002)などがある。

出展:wikipediaより

フランス映画に関する「のうはう!」記事(新着順)

【映画】映画の試写会

投稿日:2011年12月21日|投稿者:iorinさん|コメント数(1)

映画の試写会の懸賞に当たるコツ 映画の試写会の懸賞告知を目にすることが多いと思いますが、どうせ当たらないから、と応募しない人も多いと思います。 映画の試写会は一回の試写会に参加できる人数が多く、以外と当選するんです。 当… »続きを読む

映画を見に行くのにお得な日

投稿日:2011年12月20日|投稿者:iorinさん|コメント数(2)

映画を見に行くのにお得な日があります。 映画を見に行くのにお得な日は以下のような日があります。 映画館によって違いますが、多くの映画館で共通だと思います。良く行く映画館のホームページを確認してみてください。 毎月1日:無… »続きを読む

映画館で映画を少しでもお得な料金で観る方法

投稿日:2011年11月01日|投稿者:525525さん|コメント数(2)

映画館で映画を観に行くと1800円の入場料です。いま流行りの3D作品では更に特別料金も発生します、映画館に年間に何回も出掛ける方にはお得な情報です。 手順 チケットショップには映画公開後も前売り券が販売されていて前売り券… »続きを読む

[Movie] movie premiere

投稿日:2011年07月22日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Tricks to win movie premiere sweepstakes I think there are a lot of that to the eye movie premiere sweepstakes… »続きを読む

How to watch movies in theaters charge deals with little

投稿日:2011年07月19日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Go to watching movies in theaters is 1800 Yen admission. Now special price also occurs in trendy 3 work furthe… »続きを読む

Going to movies, deals

投稿日:2011年06月05日|投稿者:axelworksさん|コメントはまだありません

Go to the movies, deals. Go to the movies, deals, like below. Depends on the theater, I think is common in man… »続きを読む